FC2ブログ

コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走る魅力を紹介します。

訪れる人たちが求めるものを提供していく発想

20171005oIMG_4519.jpg
ジロで北イタリアに行ったときドロミテの針葉樹の森でのこと、ところどころ樹木が無いエリアがあって、そこからの景色は名峰の絵葉書そのものだった。これは景色を見せるために樹木を伐採するなど人の手が入ったもので、単にアルプスの山々を見せれば喜ばれるという考え方ではなく、観光客が求めるものを提供するという発想だと思った。それは「ここに駐車せよ」とか「何々で危険」とか、イメージを損なう看板やフェンス、石垣等まったく無くエリア一帯が絵葉書の景色であり、このような箇所が峠までいくつも点在していた。

阿蘇の景色においても、ビューポイントを遮る樹木を思い切って伐採し、すっきりした景色を見せたらどうだろうか。特に小嵐山の峠付近の根子岳が正面に見えるところは、自転車乗りにとって良き峠道の定番ビューポイントになるのではないかと思う。今からは阿蘇を訪れる人たちが求めるものを提供していく発想がより重要ではないだろうか。






20171005oDSC_2519.jpg
最近、シクロエクスプレスで自転車を送ってくる方が多くなった。特にカップルの方。ヘルメットやシューズも箱の中に入れられて、阿蘇に来るまでとにかく身軽で連れを気遣う必要がないことだろう。申し込みも簡単で、ホームページで申し込み、送られてきたダンボールにロードバイクを梱包、集荷は自宅まで取りに来てくれ、指定したホテルや旅館でピックアップ、帰りも同様に現地で梱包し自宅まで届けてくれる。また阿蘇を走った翌日に、自走して大分に行くような場合にも翌日に大分の宿へダンボールを送るスケジュールも組むことができる。支払いはカード決済もできてネット申し込みで完結するのが便利だ。箱の有効寸法は、123cm(W)×35cm(L)×75cm(H)なので、シートポストは下げる必要があるかも知れない。

昨年、しまなみ海道を走ったときに熊本から新幹線で行った。ちょうど朝の通勤時間に広島でこだまに乗り換えだったので、OS-500持っての移動にちょっと汗と、置き場所の確保に冷汗をかいた。このときは単独だったが、これが友子さんと一緒だったら間違いなく友子さんの自転車だけでも宅配になっただろう。

「自転車を始めて何年ですか」とよく聞かれるが、2007年の春、ちょうどその年にオートポリスで開催された全日本選手権で強風と霧の中、新城幸也選手が優勝した瞬間を見に行った年だった。前の年からジロとブエルタもJ SPORTS で生放送され、有名選手や機材にも目が行くようになって、これしかないと他の趣味をすべてやめてスタートした。自転車歴は10年、49歳で始めて来年60歳には11年目になる。多分、J SPORTS を見てロードバイクを始めた人が多いと思うが、確実に自転車乗りも高齢化が進んでいる。よって自由に使えるお金と時間と健康がある限りは、いつになっても走ることに執着することだろう。そのひとつが若い時にできなかった自転車旅だとしたら、自転車を宅配で運ぶ楽な自転車旅も増えてくるんじゃないだろうか。





FLUCTUAT NEC MERGITUR
--- 漂えど沈まず ---


  1. 2017/10/05(木) 18:16:01|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<全日本実業団対抗女子駅伝大会を目指して | ホーム | この熊本の情報誌はいいよ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1757-fdb39895
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: