コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

La CORSA Kyusyu 2017

la2017IMG_4407.jpg
2回目の開催となる宮澤崇史さんと阿蘇周辺をサイクリングする熊本復興支援プロジェクト「La CORSA Kyusyu」に主催者の正屋岩崎社長の言葉に甘えてゲストとして参加してきた。阿蘇で働く者として、少しづつ道路や建物が復旧しているが、観光地としてはまだまだの状況で先の見えない日々が続いている。そのような中、阿蘇に「少しでもお金を落とそう」と挨拶された岩崎さんの言葉には胸に詰まるものあった。宿泊を要する2日間の開催や、阿蘇の業者へ手配された昼の弁当、それにエイドポイントとして門前町への立ち寄りなど多方面に渡り気遣いをしていただいた。岩崎社長他スタッフのみなさん、グランツールの解説や全国を飛び回るご多忙中の宮澤さん、それに大会趣旨に賛同し参加されたサイクリストのみなさんにお礼を申し上げたい。






la2017IMG_4436.jpg
「一気に全員で渡りますから遅れないように!」
車の多い道路や交差点での宮澤さんの指示は、正確かつスマートであり20名以上の2つのパックを行き交い、集団化と細分化を状況に応じてされていた。






la2017IMG_4438.jpg
東海大学阿蘇キャンパス正門の横にあったご飯処「まるでん」もついに取り壊されていた。オーナーだった増田君はこの店を諦め南阿蘇で「アウトドアクラブ南阿蘇knot」を主催されている。素敵なことをされているようで一度お邪魔したいと思っている。





la2017IMG_4440.jpg
阿蘇大橋はこの下流に掛け替えの予定、国道57号は大津方面から新たなルートとなり、赤水へはトンネルで通じる工事が急ピッチで行われている。阿蘇観光への外国人観光客の動脈とも言えるJR豊肥本線は肥後大津駅から阿蘇駅間が不通のままで復旧は白紙のよう。





la2017IMG_4445.jpg
俵山の上りでの宮澤さんの坂を上るライディングスクールは貴重な体験だった。クルクルと円を描くような効率的なペダリングをするためのフォーム、わたしの場合は、肩の力を抜き胸を張り、サドルの前に座ってペダルを廻すというフォーム。多分そのためにはクリートの位置も変える必要があり、以前受講したキノフィットを思い出した。

1日目は小国方面、2日目は南阿蘇方面を走った。どちらも阿蘇らしい景色を満喫できるコースで、ところどころを丹野さん流の車の通らない秘密の道に結ばれて大いに愉しむことができた。特に日ノ尾峠は高森から上るのは初めてだったが、このルートが絶対おすすめである。






la2017IMG_4447.jpg
今日は激しい練習でもなく時間を競う大会でもない。所詮遊びなので大いに遊び尽くそうと宮澤さん。そこで走っていたら白川水源の少し下流の集落を流れる井手に着目。いきなり自転車から降り「泳ぎましょう」とレーパンひとつになり瞬く間にドボン。しかし、水源近くの水なので差すような冷たさに一瞬怯むもスイッチの入った宮澤さんは止まらない。






la2017IMG_4449.jpg
クロールで泳ぎ始めた。流れは早いので前には進まず懸命に泳いで後退もしない。何となくローラーを連想する。





la2017IMG_4466.jpg
30秒後にはみなさん川遊びとなった。このように遊ぶときには迷わず徹底的に遊ぶ通すというのが何事にも大切。しかし、この一例にわたしは参加しなかった。それは歳には勝てないということ。心臓麻痺にでもなったら迷惑かけるので自粛した・・・

と、いうのは嘘で、本音はワーワー言いながら盛り上がるのが苦手、人にもまれるの環境を好まない。並ばなければならない飲食店が無理で、祭りも駄目、花火も駄目でカラオケなんて行ったことすら無い。このような性格なので川遊びしなかったことをお伝えしたかった。






la2017IMG_4433.jpg
スタッフに守られて事故もなくみなさん笑顔でゴール







la2017IMG_4434.jpg
都合により夜のセミナーや懇親会には参加できなかったが充実した2日間だった。いつも見る景色やいつも走る道が多くのみなさんと走るとまた別の雰囲気を味わえて新鮮になれた。それに多くの方に声を掛けてもらって有り難い気持ちにもなれた。昼食は2日間とも人の少ない静かな水源でストレス無く和気あいあいと食べた。「一緒に飯を食う弁当の効果」は、米粒ひとつまで美味しく感じることであり、食べたあとの会話は幸せな気分に浸れるものであった。レストランや気の散るところではそんな気分にはなれないし、やはり自然の中で食べる遠足の弁当が特別なことだと感じることができた。大人の運動会には1時間くらいのゆっくりとした弁当の時間が必要だなと小学校の運動会を思い出した。






FLUCTUAT NEC MERGITUR
--- 漂えど沈まず ---



スポンサーサイト
  1. 2017/09/11(月) 17:37:45|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ななつ星に阿蘇の朝食 | ホーム | 青島に魅せられて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1749-3eeda85f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: