コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

パン工房「豆の木」さんの新製品「木の実の阿蘇パネトーネ」

2017818pDSC_2476.jpg
明日は「オートポリス3時間耐久レース第2戦」に沖縄の伊佐さんとそれぞれソロでエントリーする。
今までの自己ベストは4年前の第2戦の33周が最多で、だいたい31周がいいところ。今回もそのくらい走ることができたらと思っている。

菊池からのルートだが、菊池渓谷を通る菊池スカイラインは7時から19時まで通行できるがその時間帯以外は通行止めになっており、開会式及びライダーズミーティングが7時30分からなのでこの道だったら間に合わない。あとは387号で立門を通り下筌ダムの手前から12号線での40キロ超。もしくは本田技研の横を通りミルクロードを上って北山展望所から左折するこちらも40キロ超となる。菊池スカイライン以外で近いのは立門から左折しすぐに右折し菊池高原CC方面に行く原 立門線・県道205号(写真左上)だが震災以降通行止めになったいた。念のためネットで調べると通行できそう、電話で振興局に尋ねると間違いなく通れるとのことだった。このコースなら菊池から20キロで40分もあれば着くだろう。九州道で来られるなら植木ICから菊池まで20分だから1時間もあればオートポリスに来ることができる。また、この道は夏涼しくて秋もおすすめの車が少なく自転車にはおすすめのルートである。







2017818pIMG_0164.jpg
8月12日に阿蘇のパン工房「豆の木」さんが新製品「木の実の阿蘇パネトーネ」を道の駅阿蘇で販売された。これは道の駅阿蘇の「新製品開発助成制度」を用いて開発された商品で、デザインも熊本産業支援財団のよろず支援を受けてプロのデザイナーに作ってもらったそうである。パネトーネとはイタリアの伝統的な菓子パンでミラノの銘菓だそうだが、豆の木の泊さんは、阿部牧場の阿蘇ミルクを乳酸発酵させた酵母をつかい、アーモンドクリームにアーモンド、クルミ、カシュナッツ、カボチャの種、クランベリー、チェリーをトッピングし阿蘇の銘菓にされていた。







2017818pDSC_2472.jpg
泊さんのパンは大好物なので駅の駅阿蘇に買いに行った。
「木の実の阿蘇パネトーネ」はパン売り場から少し離れたところにあった。20センチ程の籠に入ったなかなかの大きさで、自転車で来られた方は2~3等分されるとランチや補給食にもいいし確かに土産にも良さそうである。一口食べてみると甘いのが苦手のわたしでも問題なく、多分本場のはボソボソしているような気がするが、これは日本人好みのモチモチ感があり、独特のなんともいえない甘く濃厚な香りがあって、それはきっと阿部牧場の牛乳を使った乳酸発酵の奇跡かもと思ったりした。ミラノの銘菓の阿蘇バージョンは試食程度だったが、明日の朝オートポリスを走る前に食べるため袋に戻した。もしかしたら31周以上の奇跡も起こるかもしれないし・・・






FLUCTUAT NEC MERGITUR
--- 漂えど沈まず ---


スポンサーサイト
  1. 2017/08/18(金) 17:35:34|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2017年オートポリス3時間耐久レース第2戦 | ホーム | 旅するジャージ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1741-2af67cd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: