コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

王道、菊池阿蘇スカイラインを走る。

201772607IMG_7127.jpg
1年3ヶ月振りに菊池阿蘇スカイラインを走ってきた。
この道は10年前、自転車を始めたときから飽きずによく走った。広葉樹に覆われた阿蘇くじゅう国立公園の中を走ると、やがて開けた草原の風景になり、峠を上った感が心躍る25キロで900m上るわたしの王道である。

この日の予定では朝7時に出発するはずだったが、休日らしく寝っ転がってウダウダしていたら時間が過ぎ10時に家を出た。この日、思い描いたコースは、ミルクロードに出たらそのまま真っ直ぐ進み産山から国道57号を渡り、根子岳を眺めながら箱石峠へ出る牧野道を上り、265号に出たら下って赤水経由で二重の峠を上り県道23号で帰って来るルートを考えていた。
しかし、湯気が出るような暑さに耐えきれず超ショートカットしたものの、最後のひと登りに選んだ菊池人吉林道のアップダウンでは全力を出し切り走り、概ね満足することができた。70km 獲得高度1591m 3時間20分







2201772601IMG_7124.jpg
菊池渓谷の麓、念仏橋までが暑かった。そこを過ぎると冷房エリアに入ったように急激に涼しくなるが、この日はそれほどまで気温は下がらない感じだった。それでも日陰が続くこの道は真夏には気持ちのよい峠道である。




726MX-2514FN_20170726_14360.jpg
グリーンウォーク 2005年秋号より

菊池渓谷はまだ立ち入り禁止のままだった。以前は菊池渓谷からミルクロード沿いのかぶと岩展望所まで未舗装路が続いていた。わたしも2005年には歩いて往復したことがあるが、途中には野鳥の森があってグラベルを想定したバイクならロードバイクでも行ける素晴らしい山道だった。当時はこのような本にも紹介され菊池渓谷が復活した際にはこの道是非通れるようにしていただきたいものだ。







201772603IMG_0104.jpg補給として菊池物産館を出て6.7キロにヤマザキディリーが最後のコンビニになる。ここが8.9キロ先の深葉の集落で最後の自販機となる。菊池阿蘇スカイラインは現在も菊池渓谷付近で片側通行のままで、7時から19時まで念仏橋と深葉の集落のゲートを時間内に進入したら通行できる。






201772605IMG_0106.jpg
深葉の集落にある阿蘇町立内牧小学校深葉分校跡
1954年に「阿蘇町」となり
2005年に「阿蘇市」に新設合併された。
卒業生が見たらさぞや懐かしいだろう。





201772605IMG_7125.jpg
草原に出るまで木漏れ日の中を走る。
通行する車両は少ないので車もバイクも飛ばす。
なのでリアのライトは点滅すべき。





201772606IMG_7126.jpg
スタートする菊池が標高60m
ゴールの北山展望所が標高960m
距離は25キロ





201772608IMG_4280.jpg
北山展望所信号を右折し1.7キロでかぶと岩展望所に着く
気温25度、涼し過ぎる
ここにはカフェがありフランクフルトやコーヒで休憩することができる
また、公衆トイレや自販機もあるので補給にはいい

ラピュタの降り口を過ぎ、鞍岳無線中継所まで来ると下りとなり
車帰り交差点を右折し県道23号を下る
そのままだと旭志の集落に着いてしまうので
ここで最後の頑張りと菊池人吉林道に入る
矢護山ゴルフパークから8キロほどアップダウンが続く
これがなかなかタフで堪えるのだ
沖縄100k想定には良き練習コースである
四季の里からは下りが続き菊池へ到着
2時間半ほど非日常の世界を満喫した

先日の休日に続き風呂に入ってヘルメットを洗って
一息着くと14時
夕方まで誰もいないし
今日もどこにも行かない設定の缶ビールで喉を潤し
午睡を貪る・・・

と思いきや宅配が届き、受取サインをして
ついでにポストを見ると







2017727kDSC_2440.jpg
ツールが届いていた
今年も市民100k完走を目指す

2013年 4時間14分         
(完走率69.%)

2014年 4時間00分             
(53%)

2015年 第四関門阿部でタイムオーバー
(24%)

2016年 3時間43分             
(71%)







FLUCTUAT NEC MERGITUR
--- 漂えど沈まず ---


スポンサーサイト
  1. 2017/07/27(木) 16:01:33|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夏の兵戸スーパー林道はアブとの戦い | ホーム | 阿蘇は自転車乗りを笑顔でウェルカム>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1736-c09b100b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: