コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

6月のコントルノ食堂

625kkoDSC06285.jpg
故郷、菊池の食材に惚れ込み
その味を引き出すことを追求したコントルノ食堂。
気取らずに一人からでも席につけるイタリア料理店
訪れる度に、次々と、くせ玉のような、「はっ」とする料理が並ぶ
それが菊池の食材を極めた菊池健一郎シェフの食堂だ。

最初の一品
「菊池の放牧豚の田舎風パテ」
うまいぞ。







6625koDSC06288.jpg
「七城産メロンと生ハム、菊池産モッツァレラチーズ」

先日、菊池のピザ専門店「イルフォルノドーロ」に
高田賢三さんと、行定監督、中山豊光シェフが来店され
お客がお客だけにオール菊池で
欧州生活も長い市長さんも同席しお迎え
肉料理担当で菊池シェフも応援に行かれ
このモッツァレラチーズも美味しく食べられたとお聞きした。









625koDSC06301.jpg
食味ランキングで9年連続、11度目の「特A」を受賞した七城米。
その理由は1級河川菊池川の上質な水と
白砂の堆積からなる土壌にあると言われる。
恵まれた水と土により畜産も盛んで
放牧の豚、あか牛、乳製品など
食材の追求にはことかかないようだ。







850koDSC06296.jpg
サラダは一度オーブンで焼き冷製にしたもの
実は肉よりも、魚よりも、贅沢な逸品では
野菜もトマトも菊池メイド






625koDSC06292.jpg
菊池にほど近い植木農家のアーティチョークは







625koDSC06302.jpg
初めて見たキタッラ。
これはパスタの一種であるスパゲッティ・アッラ・キタッラを作るための道具だそうで、木枠にギターのような細い弦を張ってある。






625koDSC06304.jpg 植木産アーティチョークとにんにくのキタッラ
こんなにコシがある手打麺は初めて







625koDSC06308.jpg
今回一番美味しかったワインは
運河沿いのミラノのレストランで飲んだ赤と写真を見せると
「兄弟のようなものがこれです」、と
確かに美味しい
記憶が蘇ったような気分になれた。






625koDSC06311.jpg
「菊池農場のあか牛低温ロースト」

赤身の旨味が低温ローストで凝縮されている。








625koDSC06314.jpg
北イタリアでポレンタにハマった話したていたら
あか牛のローストに添えられていた。
嗚呼、幸せになれるイタリア食堂、
菊池にどうしてこんな店があるのだろうか、不思議
KENZOさんが来られのはなんて不思議過ぎ
菊池は素晴らしい街に
いつの間にかなっている。
なっていた。







624opDSC_2416.jpg
明日から社員旅行
震災で中止になっていたが
1年後に実現。
ほとんど昭和的な「社員旅行」だが
それも当地には必要
職場は昭和と現実が同居する温泉宿蘇山郷
ゆらゆらとゆらゆらと
訪れる人の気持ちになってくる。








FLUCTUAT NEC MERGITUR
--- 漂えど沈まず ---


スポンサーサイト
  1. 2017/06/25(日) 18:18:15|
  2. おすすめ食事処
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<社員旅行 | ホーム | 7月ライドイベントのお知らせ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1729-95bea022
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: