コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

Entries

阿蘇へのアクセス状況

2017324lpDSC05659.jpg
阿蘇へのアクセスについて。
車の場合は熊本市内方面からは従来と変わらず国道57号から迂回路となるミルクロードを大津から上り二重の峠で赤水へ抜けるルートになる。熊本駅(熊本市内)・熊本空港から公共の交通機関の場合は、熊本~大分を結ぶバスになり、、特急バスやまびこ号が7本と、九州横断バスが2本の計9本のみになり、まだ公共の交通機関による阿蘇方面へのアクセスは不便だが渋滞は緩和され大幅な遅れはほとんど無くなった。

豊肥線は現在も肥後大津駅から阿蘇駅まで不通のままだが、4月から肥後大津駅~立野駅(南阿蘇村)間の工事が始まる。土砂崩れ箇所の復旧が2017年度中に完了し、その後線路の工事となり1年程度かかる見通し。よって運転再開は2019年頃だろうか。国道57号においては熊本市内方面から立野までは通行でき、長陽大橋(立野-栃の木)の復旧工事が7月をめどに完了予定なので、大津からのミルクロードを含めて国道57号の迂回路が2本開通することになる。崩壊した阿蘇大橋の600m下流に代わりとなる新たな橋が2020年9月末までに完成の予定。

植木ICから20分の菊池から阿蘇へ通じる菊池阿蘇スカイラインは6月1日に全面開通する予定だが、現在は以下の時間指定で片側交互通行となっている。

現在通行可能時間(4月29日~5月7日は午前7時~午後7時通行可)
午前7時~8時
午後0時~1時
午後5時~7時
(※午後7時~午前7時は全面通行止め)

写真は国道57号の迂回路となる大津から二重の峠へ上るミルクロード中腹。杉山で視界がなかったところが開かれて新たな国道57号線の工事現場が垣間見えた。この当たりからトンネルとなり赤水に抜けるのだろうか、壮大な復旧計画であり光が少し見えてきた。開通したら何するではなく、今から準備しないと周りの観光地に置いていかれる。自転車もオフの過ごし方が大事と言われるではないか。







FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず ---



スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1699-45dac767

左サイドMenu

プロフィール

コルナゴ部長

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム