コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

イイところもあるし、ワルイところもある

22017211DSC05602.jpg
この数日の寒波で快適な菊池阿蘇スカイラインの通勤は諦めた。代わって9ヶ月間渋滞の中、悶々と通った国道57号線唯一の迂回路、ミルクロードから二重の峠で57号線の赤水に出るコースにしばらくはなりそうだ。国道の迂回路だから国交省は冬期でも安全に走行できるよう凍結防止剤や除雪車・重機も途中に待機させている。よって雪の多い日でもこの通り。






2017211DSC05606.jpg
車帰り交差点(信号はないけど)もこの通り。
ここを右折して二重の峠を下ると赤水だが小国方面へ続くミルクロードはここでゲートが閉ざされている。






8888puDSC04259.jpg
迂回路になる前の冬はいつもこんな感じ






888puDSC04264.jpg
二重の峠も例年この状態






2017211DSC05611.jpg
しかし今は全く凍結降雪は無い。ノーマルタイヤでも大丈夫。







2017211ykIMG_2577.jpg
ただし、内牧温泉へは赤水から国道57号を通り阿蘇駅先の国道212号で来れば大丈夫だが、阿蘇平野を横断する一直線の農免道路はこの状態なのでノーマルタイヤは避けたがいい。







2017211ykDSC_1452.jpg
とは言っても雪はマイナス要因ばかりではなく雪化粧の阿蘇五岳や外輪山は美しい。ルーフトップバーから屋上に出るとほぼ100%撮影会となる。そして夜になると今は月が美しい。温泉も夏より冬がいい。寒に打たれた野菜は美味しい。などなどいろんな考え方があるが、何事もイイところもあるし、ワルイところもある。選択するのはあなただが視点を変えると思わぬ徳が見えてくるのは間違いない。受け入れ側はそこが弱い。だからと言ってわたしは嘘や過剰な表現や写真で誘っている訳じゃなくて真実を言っているだけ。「思い切り自由に、深々と謙虚に、淡々と強靭に、命のまんなかは真実でいよう」。青山繁晴さんの言葉を目標にしている。









FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず ---



スポンサーサイト
  1. 2017/02/12(日) 17:44:15|
  2. 観光情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<一点張りの大賭け | ホーム | 涌蓋山の林道を走る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1686-f0386907
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: