コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

菊池で食すあか牛のTボーンステーキ

2017117coDSC05463.jpg
菊池農場のあか牛のTボーンステーキをコントルノ食堂で食べてきた。

4人分としても1.2キロ、厚さはなんと4cmのボリューム

牛が本来食べる牧草や稲わらを食べて育ったあか牛は

サシの少ない赤身の美味しさが特徴で

口に入れたらとろけるよう食感とは真逆で

噛めば噛むほど旨味が迸る肉本来の味を楽しむことができる






2017117coDSC05444.jpg
コントルノ食堂は、菊池温泉街にある昭和レトロな六軒街の中にある店だ

このスナック跡を改装した異色のイタリア料理専門店オーナーは菊池出身の菊池健一郎さん

店内は4名掛程のテーブル席とあとはカウンター席

スタッフは菊池さんとアルバイト生が一人の小さなほのぼのとしたイタリア料理の食堂

食材は主に地元のこだわりの農場や菊池さんの同級生の農家の後継ぎが提供していると聞く

愛情込めて育てた農産物が、丹精込めたイタリアンになるものだから農家さんも面白いに違いない






2017117coDSC05448.jpg
今回は東京の友人夫妻が是非ここで食事をしたいと阿蘇で一泊のあと菊池に宿を取り

わたしと家内の四人で究極とも思える菊池の食材を堪能した







2017117coDSC05449.jpg
大皿の盛り合わせは

やまあい牧場の走る豚のパテ、

菊池産モッツァレラ(菊池で作られたとはびっくり!)と八代産の塩トマト

合志産仔牛のトンナートと、サラミは・・・聴き逃した

あと白いんげんも美味しかったなあ








220171117coDSC05452.jpg
トリッパトマト煮とひよこ豆

トリッパは友人リクエストの品

これもコントルノ食堂の良さ








22017117coDSC05453.jpg
堤さんの自然栽培米と石原さんの原木しいたけのチーズリゾット

標高の高いところで作られた原木しいたけはまるでアワビ






2017117coDSC05464.jpg
そして今宵のメイン料理となる1.2キロ厚さ4cmのあか牛のTボーンステーキは

まず火を通す前の肉の塊を鑑賞して

焼き立ての香ばしさとともに運ばれてきたら、記念撮影

笑顔は美味しさをよりいっそう高める







2017117coDSC05460.jpg
大皿にステーキの付け合わせも驚き







2017117coDSC05469.jpg
Tボーンの部位はロースとフィレの二種類が楽しめ

淡白さゆえ岩塩とレモンだけでいただく

4cm厚の歯ごたえはまさに口福感に浸れる

希少なあか牛料理は予約制

東京の友人のように、どの店で何を食べてみたいという理由だけで

その地に泊まるのも、これからの旅になるのかもしれない







FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず ---




スポンサーサイト
  1. 2017/01/17(火) 18:08:06|
  2. おすすめ食事処
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<南阿蘇を走る | ホーム | 道具は、謙虚に、強靭に>>

コメント

サルトさん

コントルノの菊池シェフは、仕事以外に趣味も食事も夜も昼も、頭の中と胃の中はイタリア料理のことばかりと推察しております。お取引の農家さんからは、注文した食材以外にも、いろんな部位やジビエがコントルノに集まり、「あらよっ」と、魔法にかけたようなイタリアンになって、それが農家さんたちとコントルノ食堂とのいい関係になっているようです。まさに風は強く吹き続けています。
  1. 2017/01/18(水) 13:45:36 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

騙され自慢

別種の白いんげんでは無く正しくは「ひよこ豆」。とは言えこのようにテーブルの進行に合わせて食材や料理を変えて出してくれるのはシェフの情熱と小バコの組み合わせのなせる業。今は無き飯倉のチキンズを思い出させる付け合わせの玉ねぎのオーブン焼き、素材に自信がないと出せない一品。これだけ名前の見える食材を並べた美味しい食堂は稀有である。自転車乗りはウソつきと言われることもあるが、騙され自慢をするのもその特質の一つか。コルナゴ部長の巧みな写真と甘言に騙されてまた足を運び美味しい思いが出来ました◎5年後が楽しみなお店です。風が強く吹いている
  1. 2017/01/17(火) 21:51:36 |
  2. URL |
  3. サルトこと東京の友人 #YCdeWPgQ
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1679-775df3ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: