コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

Entries

ほとんど奇跡のこと二つ

2017106100pvDSC05419.jpg
2007年12月、このブログは菊池の旅館時代に趣味的な仕事の延長線として始めた。そして昨日の1月5日、ついに100万アクセスに到達した。期間にして9年、最初の頃のアクセス数は50以下の2桁だったが、最近では500超えもあったりして、見ていただいて方には、意味不明の内容にお付き合いいただいて本当に感謝している。

始めたきっかけはロードバイクに乗り出したこと。当時は菊池・阿蘇のサイクリング情報が少なかった、というよりほとんどネット上で探すことができなかったため、自身で走ったコースの体験談やエイドポイントとしての食事処や菊池に泊まった際の居酒屋情報、それと自転車乗りとして職を置いていた旅館が食事や温泉、自転車乗りに対しての理解度が高かったことから利用する価値を紹介していた。

そして、最初のお客さんは福岡の髙巣さん。初対面の夜はどこかの居酒屋で乾杯し翌日菊池渓谷経由でミルクロードを走った。飛行機輪行の最初の方はサルトさんこと東京の松澤さん。メールのやり取りだけでどんな人か顔も判らず、到着ロビーで待っていると輪行袋を担ぎジャージ姿の笑顔で不安は消えた。旅館に着くと松澤さんの友達である鹿児島の和田さんとすでに友人になっていた髙巣さんもお越しになっておりの4人で菊池阿蘇方面を走った。

サイクリングコースとして大きな発見となったのはラピュタだろう。すでにバイクの方には知られていたようだが、自転車乗りでこの峠道を知る人はわたしの範囲ではいなかった。ラピュタを見つけたきっかけは、2010年8月29日ミルクロードを一人で走っていたらこの峠の降り道を見つけ途中まで下り写真を撮って翌日ブログに紹介した。その後、何度か行くがまだ「あの坂」と呼んでいた。11月20日、ブログを見ている方から非公開のコメントで「阿蘇ラピュタの道は実際に走ってどんな状況でしょうか」と尋ねられ、その名前を大いに気に入った。ラピュタはスウィフトの「ガリヴァー旅行記」に登場する架空の空に浮かぶ島の名前で、ここに雲海が出たときの感動に相応しい名前と翌日のブログで正式に「ラピュタの道」とした。以後、短縮して「ラピュタ」と呼ぶようになった。

2010年12月23日、27年間勤務していた旅館が競売に掛りこの日で閉館することを通告されていた。そこで慌ただしい中ではあったが19日ここで知り合った髙巣さんと越智さん角田君と最後のサイクリングに行った。正直朦々とした思いだったが、みなさん気兼ねしてか閉館のことは一切振れられず黙々と坂を上った。ラピュタ着いて雄大な景色を目の当たりにしたら失う仕事のことはすっかり忘れてしまった。以降、自転車で走る効能のひとつに「悩み解消」を加えた。

2012年2月10日より現在勤める阿蘇内牧温泉蘇山郷より同じ内容で継続している。








2017106ovDSC05424.jpg
昨年11月にくも膜下出血で倒れた松山直樹君こと「サイクルショップ Nao's BASE」のナオ君が5日より復帰し店を開けた。そこで早速ヴァンヘイレン仕様のマウンテンに冬用タイヤを誂えてもらった。ナオ君は手術が成功し奇跡的に後遺症もなく元気一杯、ショップは蘇山郷の前の路地を真っ直ぐ50m行ったところにあり、本職はマウンテンだがロードの整備もできるので阿蘇で困ったときには尋ねられたらいい。







FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず ---




スポンサーサイト

*Comment

サルトさん 

こちらこそ、いつも知恵をいただいてありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。
我が家の年始を自遊亭でしましたが、「ASOシルクロードギャラリー」の鳥越家もご一緒でした。その際にくれぐれもサルトさんによろしくとのことでした。今年も早々にイランに買い付けに行くとパワフルな奥さんがおっしゃていました。
  • posted by コルナゴ部長 
  • URL 
  • 2017.01/08 11:27分 
  • [Edit]

おめでとうございます🎊 

アクセスの節目おめでとうございます。継続する事自体の難しさの先にあるご褒美ですね。そしてありがとうございます‼️日付やルートその様子までまめに上げてくれるのであたしの備忘録としての役割も果たしていただいています。これからもどんな風に登場出来るか楽しみにしています。宜しくお願いします。
  • posted by 東京の友人サルトこと松澤です 
  • URL 
  • 2017.01/07 18:31分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1676-cabb513a

左サイドMenu

プロフィール

コルナゴ部長

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム