コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

驚愕し、圧倒し、感動される三編の道

2hito22112345569_773755669437565.jpg
昨日は久し振りに5時起きの竜門ダムコースを走ったみたが、汗で濡れたジャージでの気温1℃の下りは無謀だった。下りはアンダーを着替えウィンドブレーカー羽織らないと体調が悪くなる原因となる。それにまだ30℃近い沖縄を4日間走った慣れがあって、身体は厳冬期仕様にはなっていないのでボチボチと慣らしていかないと。取り敢えず4日の小国を万全の体調で迎えたいので早朝は走らないことにした。

12月3日は今年最後のサイクルイベント「2016九州Heaven Ride」の前夜祭に参加し木魂館に泊まリ翌日が大会。主催者招待制のこの大会は参加者も気心知れた方が多く忘年ライドの一面もあり年を締めくくるに相応しいサイクルイベントである。








hito12346471_92848284391029.jpg
今年もchanokoチーム。今回は茶のこの松崎さんと産経デジタル「Cyclist」 の澤野さんに代わって台湾の太魯閣やTD沖縄を走った上原さんと、英彦山で一緒だった谷村さん、それと昨年に引き続き壱岐の表彰台の木村さんと松岡さん、木村さんは今年のTD沖縄市民100kOV40で3位だから凄い。そんなみなさんに囲まれて131kmを愉しんでくる。装備はホイールをESに、タイヤはグラベルキングに変えたHeaven Ride仕様。








hitoDSC09319.jpg
コースはクロスロードバイシクルの宮本利徳さんが引かれた今や心理的バイアスもない異端というより主流になりつつあるシングルトラックと、グラベルと、それを結ぶ穏やかな舗装道路を堪能できる王道の道。驚愕し、圧倒し、感動されるこの三編の道には阿蘇の豊かな自然が集約されており、点を線に、更に面に、そして視線とズームを変えると全く違った景色とパラダイムを見せてくれる。まさに穏やかなジオ・ライドでもある。









FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず ---




スポンサーサイト
  1. 2016/11/29(火) 14:21:19|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<幸せだと感じることをしなさい | ホーム | 紅葉の菊池と山鹿温泉を走る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1664-7368f545
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: