コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

いつも笑顔になるために

20161028pphDSC_1237.jpg
イギリスはオックスフォードからお越しのマーティンさんご夫妻はダンデム車の自走旅でお越しになった。

海外ではこのような自転車旅は珍しくないそうだが

車に積めないし輪行もできず日本ではちょっと考えられない。

しかもこの年齢







2016+1028pphDSC_1242.jpg
でも楽しそうに2泊3日の阿蘇サイクリングを満喫されたようだ。

片言の会話だったが、常にこの笑顔で、前向きな姿に、何かしてあげると

その度ごとに 満面の笑顔で「Perfect!」 を連発、

そんなプラス思考は得であり、これから老いる人生に大切なことだと痛感した。

マーティンさんは自転車関連の方で、イギリスの「チーム・スカイ」はよく知っていてメンバーはよく自宅に来るそうだ。

親しい選手の名前を言われていたが、「アダム・ハンセン」は聞き取れて、特別に親しいと言われた。







20161028pDSC_1245.jpg
日本の法律では、長野県と兵庫県、山形県、愛媛県、広島県、宮崎県、佐賀県、新潟県、愛知県、群馬県、京都府を除いて(栃木県では警察署長が認定して指定した地域では2輪のタンデムでも走行可能)、たとえタンデム自転車でも、2輪の自転車の二人乗りは許可されていない。このあたりの規制も見直すべき時代なのでは。






20161028pDSC05262.jpg
「Trattoria  Contorno」








20161028pDSC05282.jpg
結婚三十周年記念の夜はコントルノ食堂へ






20161028pFullSizeRender.jpg
今夜もおまかせコース

前菜代わりは「山瀬牧場の黒毛和牛のレバー玉ねぎマリネ」






20161028pIMG_1881.jpg
「菊池産モッツアレラチーズと焼き茄子」






20161028pIMG_1889.jpg
ついにコントルノ食堂に魚料理が追加

南阿蘇産の山女魚

シジミの出汁が抜群に美味しい





20161028pIMG_1893.jpg
「菊池農場ダイさんのあか牛のロースト」はハーフサイズでいただいた






20161028pDSC05279.jpg
メニュにはない品だが、最後は好物のリゾットを出していただいた








20161028pDSC05272.jpg
コントルノ食堂では笑顔の連続だった

マーティンさんを見習って日頃もこのようにならなくては

何事もトレーニング

三十一年目も福来たるために。







FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず ---


スポンサーサイト
  1. 2016/10/28(金) 15:59:13|
  2. おすすめ食事処
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<地の力、人の力 | ホーム | 沖縄と神戸のサイクリスト>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1656-fcc2e8b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: