コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

Entries

早朝、パノラマラインで行く草千里もおすすめ

mvc20161019_071214.jpg
東京からお越しのMさんは朝6時に宿をスタートして

阿蘇駅前から阿蘇山に上る坊中線パノラマラインで草千里へ行かれた。

宿のスタッフも同行したが早朝ミルクロードに匹敵する気持ち良さだったという。








mvc20161019_075459.jpg
草千里到着

ミルクロードからの日の出は逆光だが

こちらからだと順光なので雲海が出たらどんな景色になるのだろう。

2泊される方にはこの2つの早朝ライドをおすすめする。

距離    39.1km
獲得標高 698m
時間    2時間







20161019mvcDSC_1190.jpg
福岡からお越しのCCCPのIさんは自走で湯平へ

翌日、ツールド湯平を走ったあとはそのまま内牧温泉へ

この2日間の走行距離は400k超えというさすが秋吉さんのチームメンバー

お越しになった日は不在だったため早朝ライド用の地図を残していた

朝、宿に着くと走られており

ジオライド受け止めていただいた感想をお聞きし、地図を渡して良かったと思った。

帰りの自走に備えて宿の前の郵便局で荷物を発送し身軽になって福岡を目指された。

今年走ったしまなみ海道と琵琶湖の帰りに

フェリーで大分港に着き、港の前のセブンでリュックを送って

身体ひとつで快適にやまなみハイウェイを走ったように

郵便局が開いている土日以外だったら、不要な衣類や小物をゆうパックで発送するのはとても便利だ。








20161019mvcDSC_1200.jpg
沖縄用にタイヤとチューブの履き替えた

25Cのタイヤにチューブは25C~28Cサイズでパンク対策

練習はまだまだ走れていない

でも体調はいい。

沖縄のスケジュール予定は

11日沖縄入りし「やんばる国立公園」を走り、国頭村の民宿やんばるくいな荘に単独泊

12日は朝から絶滅の危機のヤンバルクイナやノグチゲラに会いに軽く走って

午後あたりから名護の会場に行き、受付を済まして港にレンタカーを置き、んばるくいな荘へ自走

宿で福岡の友人やキッズメンバーと合流しやんばるくいな荘2泊目

13日、奥のリゾートオクマ前で荷物と自転車を預け、シャトルバスに乗り込みスタート地点の奥やんばるの里へ

レーススタート、名護へゴール(歓喜か悲壮)会場で仲間たちと語らい昼食、レンタカーで那覇へ移動

ホテルにチェックインし、汗を流して、チームキッズの打ち上げに合流

島酒に染まり、突き抜けた陶酔に浸る。

この南国の夜ばかりは何をしてもいい

誰も干渉しない

食事や飲み物制限も終了

2016年の練習もこの日で終わりだ

14日はキッズ店に集合しメンバーと回復走

毎年、沖縄らしいコースをセッティングされ、これもツールの楽しみのひとつだ

フライトギリギリまで愉しんで自転車はキッズ店から送ってもらい

近くの武道館でシャワーで汗を流し空港まで送ってもらう

空港の安田さんの店で最後の乾杯をして

わたしの1年越しの「ツール・ド・沖縄」は終わる。

あと3週間・・・

悠々として急ごうか。







FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず ---



スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1653-85054149

左サイドMenu

プロフィール

コルナゴ部長

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム