コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

第26回英彦山サイクルタイムトライアル

2016hikoIMG_1694.jpg
町興し事業として添田町のみなさんで運営する大会が今年で26回目となる「英彦山サイクルタイムトライアル」、小さな町で町民が団結して取り組む姿はまさに町興しである。公道を封鎖し白バイが先導する貴重な大会は、年々人気の大会となり申し込みも早々に定員になっているが、添田町のみなさんのあたたかいもてなしと笑いが絶えない表彰式も人気のひとつではないかと思う。





2016hikoIMG_1695.jpg
50歳代のDクラスでエントリーし
今年で6回目となり過去の成績は

2011年 55分39秒
2012年 59分20秒
2013年 55分49秒
2014年 52分27秒
2015年 54分05秒







2016hikoDSC_0975.jpg
ゴールに近づくにつれ応援が多くなり

最後の力を振り絞ざる終えない苦しさを味わい

アスリートたる快感に浸れる。

それは非日常的体験の愉しみのひとつで

怒涛のような達成感に包まれる。






2016hikoDSC_0974.jpg
ともちゃん他みなさんの応援に感謝!

大きな声で叫んでいただいて

くだくだになりながらも泡立つ興奮を得られた。





2016hikoDSC_0986.jpg
50分切れればと思うもののそのための練習はしておらず

ただ何となくの願望









2016hikoDSC_0988.jpg
だからスパートするところを見いだせず






2016hikoDSC_0990.jpg
そのうち筋力は残っていたものの心肺ピークとなり






2016hikoDSC_0991.jpg
最後のダッシュが出来ず








2016hikoDSC_0992.jpg
ダンシングのバランス感も失せ







2016hikoDSC_0993.jpg
最後の目標の前二人を抜くことも出来ずゴール







2016hikoDSC_0996.jpg
結果は52分35秒

Dクラス102名/37位

総合577名/234位

目標には届かなかったが満足

汗はいつまでもしたたり落ち道を濡らした。







2016hikoDSC_1011.jpg
終わったあとはみんな笑顔

角田くんファミリー






2016hikoDSC_1005.jpg
臼杵でご一緒だった佐藤さんとサイクルプラスのあゆみさんはレディ-ス9位!






2016hikoDSC_1002.jpg
前日はHSR九州だった同じ歳の秋吉さんは50分切り







2016hikoDSC_1008.jpg
ゴールの先のエイドで水を貰おうとしたら

何と阿蘇の井上さんの奥さん!

ご主人がエントリーしたのでボランティアされていた。

ここで阿蘇の人に出会うとはビックリだった。








2016hikoDSC_0972.jpg
応援に感謝のワッキーさん!







2016hikoDSC_1023.jpg
所用により表彰式に参加せず帰宅

サクッと用件を済まし「焼き鳥是空」へ







2016hikoIMG_1696.jpg
今夜の味覚はタレ系を好まず塩焼き系に

飲み物は生ビールではなくレモン酎ハイ

不思議と何故かしら身体が欲する。






2016hikoDSC_1015.jpg
チキンカツにケチャプで是空終了

家飲みしていると台湾の太魯閣でご一緒した上原さんから連絡があり

明朝、回復サイクリングに番所の彼岸花見物のお誘い

Dクラス5位入賞の上原さんの発想、凄いな。

珠玉のヒルクライムレースの次は早秋の棚田か・・・

朝霧の中を走りたいな。





FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず ---




スポンサーサイト
  1. 2016/09/27(火) 16:11:47|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<身体と心のリカバリーサイクリング | ホーム | 熊本ワイン「ナイアガラ」の甘口>>

コメント

あらいぬさん

「国道496号から500号へ大分との県境にある野峠付近の路」、走ってみたい雰囲気に溢れてますね。
日本三大修験道の霊山に数えられる英彦山は修験者が修行した多くの史跡が残されていると聞きます。そのあたりも視野に走ってみたいエリアですね。
  1. 2016/10/01(土) 09:44:20 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

来年は是非。

サイクルタイムトライアルお疲れ様でした。自分は今年、社員旅行と重なり、参加することができませんでしたが9/22にみやこ犀川側から英彦山に登ってみました。ご存知かもしれませんが、国道496号から500号へ大分との県境にある野峠付近の路は、落石が多く対向車無く、湧き水で苔が萌える石垣や見下ろすようなヘアピンカーブなど、クールダウンにぴったりのルートがあります。その日は2匹の小鹿に出会えました。
 来年ゴール後にもし時間が許されるのでしたら、是非立ち寄ってみてください。 
  1. 2016/10/01(土) 08:43:16 |
  2. URL |
  3. あらいぬ #-
  4. [ 編集 ]

えとじゅんさん

昨年より5分短縮とは素晴らしい!
それにしても応援のパワーって凄いですね、
自分との戦いが大きいサイクルスポーツですが、
英彦山のあの応援区間は我々の晴れ舞台でもありますね。
いつもカレーなんですが
来年は「終わったらカルビ丼」と呪文を唱えて挑みます!
  1. 2016/09/28(水) 09:34:52 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

お疲れ様でした。

英彦山お疲れ様でした。偶然にも二回もお会いするとは…。

今年も幾重にも続く九十九折に心砕かれそうになりました。応援ゾーンでは頑張り過ぎて、ゴール前で限界突破気味で倒れこむようにラインに滑り込みました。

最近は応援される為にヒルクライムに出てる様な気がします。道中の苦行で底を尽きかけたエネルギーも応援区間では溢れる様に出てきたりもします、あの瞬間がやみつきに…。

英彦山に限ってはゴール後のカルビ丼を食べるのが最高の幸せなんで、また来年もカルビ丼目当てに出たいと思います(笑)
  1. 2016/09/27(火) 21:01:10 |
  2. URL |
  3. えとじゅん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1646-17cb97b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: