コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

60年走り続ける81歳の現役サイクリスト

2016915sunDSC_0871.jpg
先日沖縄のメンバーとご一緒させていただいた「なるしまフレンド」会長の鳴嶋英雄さんは御年81歳の現役のサイクリストで年間150泊の自転車旅をされている。走るときは常にボトルゲージに輪行袋がありいつでも万全の輪行体制。初めてご一緒したジオ・ライドでも悠々と走りながらもまったく遅れることなく30歳は若く見えた。快適に走るための7桁のGOKISOなど最新のこだわり装備で武装されているが鳴嶋さんのブログを見て今回の行程に驚いた。

午前3時10分起床。羽田まで自走しリムジンバスに乗車、行き先は福岡空港ではなく北九州空港で福岡空港まで自走し1泊目。翌朝キッズメンバーと福岡空港で合流し、ゆふいんの森号で輪行、日田駅から55キロの自走で内牧温泉蘇山郷泊。ジオライドは多分100キロ位は走り蘇山郷へ2泊、全国各地を泊まり歩き、豊富な温泉体験されているが、蘇山郷の温泉をミシュラン風に☆つけたら☆☆☆の評価をされた。3日目朝は212号を上りミルクロードから肥後大津駅へ。ここから佐賀に行くと言われ輪行と思いきや、鳴嶋さんのブログを見るとそのまま自走で325号で菊池、山鹿、3号線で八女、久留米から鳥栖泊の136キロ6時間8分。5日目は雨に打たれコンビニでカッパ買い英彦山までの63キロ、ここでブログは止まっているがそこから佐賀へ自走されたのでだろうか・・・
わたしの場合、今のペースでサイクルスポーツを楽しむ年齢を70歳とし、75歳までは現役で走ることを目標にしてきたが、「東京オリンピック到来で自転車の魅力にはまり人生を懸け、ほぼ60年走り続ける志高い81歳の大和魂小男爺さん」と自己紹介されている鳴嶋さんのブログを拝見し、体力に等しい知力も現役であることを知り、わたし自身の自転車を楽しむ残りの人生は、練習と勉強を怠らなければあと20年以上あることを確信することができ、明日の朝も走る理由と元気をたっぷりと濃厚にいただいた。








FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず ---



スポンサーサイト
  1. 2016/09/15(木) 14:40:13|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<阿蘇東登山道(坊中線)開通 | ホーム | チームキッズ阿蘇を走る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1642-c9774a8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: