コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

ネガティブからポジティブ

22016616shiDSC_0561.jpg
ミルクロード沿いの展望所で食事ができる施設があってパブリックトイレと自販機を備えているのは大観峰とかぶと岩展望所。そのうち自転車乗りに使いやすいのがラピュタの4キロ先にあるかぶと岩展望所で年間と通してミルクロードのエイドポイントとして貴重なところだ。気象条件や機材トラブルで走れなくなくなった時にも避難場所やピックアップ場所としてベースキャンプ的存在でもある。コンクリート造りの展望所は宿の玄関から見上げると目視することができていい目印となっていた。先日、ふと見上げると、どうも見つけることが出来ない。あるべきところにその構造物がない。そう言えば被害が酷いと聞いたこともあって早速行ってみると、カフェは通常通りオープンしていたが展望所へは立ち入り禁止のロープが張られていた。







2016616shiDSC_0557.jpg
ロープぎりぎりのところから遊歩道を見ると途中で無くなっている。





2016616shiDSC_0556.jpg
その先には遊歩道も無い、

コンクリート製の塀も、

木製のベンチも、

展望所も、

何も無い。

盛土で覆われたただの丘になっていた。

地震によりすべてが崖下に落ちたのだろう。

またひとつ景勝スポットが消えた・・・

熊本震災は4年前の水害と比べると桁外れのダメージであり観光への影響も長期化する。

崩壊した国道57号は復旧の目途が立たず立野付近からトンネルを掘るという。

合わせてJRの復旧も白紙で外国人観光客の足は遠のく。

営業再開しても国道と鉄道が長期間断たれると、全く具体性を伴わない「頑張る」という言葉だけでは

とりあえず同じことをしながら長い時間何かするという不毛な結論に溺れてしまう。

加えて世界情勢、日本各地予想される地震、少子化社会など、予想される危機といつ来るか判らない危機に対して、

朽ちつつある自分の頭でさえ努力して変化しないと対応できないと思っている。

だから1ミリでも変化する成長をしようと思っている。

とてもじゃないが今までのやり方ではだめだ。

日経に大西熊本市長の復興についての記事があった。
「熊本城は傷ついているが入れるようにするのが第一弾。ビューポイントをだんだん増やしていく。安全確認さえできればヘルメットをかぶって一般の興味ある人に視察してもらえる工夫をしたい。観光資源として復活していく過程をみていただく。」ネガティブよりポジティブな情報に向かっていきたいおっしゃる大西市長さんは48歳、自転車乗りだと聞いている。







2016616shiDSC_0563.jpg
茶のこさんからお見舞いの品物が届いた。





2016616shiDSC_0566.jpg
CHANOKOジャージ Black ver.と、キャップにサコッシュまで入っていた。

お互い営業上は被災者なのに恐縮・・・

サプライズなこころ使いに嬉しく、気分も新たに思わず着てみた。







2016615tearoomDSC_0570.jpg
着心地上質、デザイン格別。

セットでレーサーパンツもあるが

履きなれたものに合わせたいサイクリストのニーズにも対応すべく

ラファやアソスのパンツに合わせて作られたのだろう。

背中には涅槃像に喩えられる阿蘇五岳のシルエット

腕には「ASO KUMAMOTO」の文字

戦闘服にもインバウンド営業用にも最適で

そのうちココロ動かす阿蘇の商品になるかも、

阿蘇の懐に入るデザインの間合いがとても自然。






2016616shiIMG_1048.jpg
モサモサしだしたので店と客の間合いの絶妙な土橋さんでサッパリ

鏡に映るのはポジティブな二人、観光資源として復活していく過程を見ていただきたい。







FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず ---



スポンサーサイト
  1. 2016/06/17(金) 16:19:35|
  2. 観光情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<復活、蘇山郷、温泉湧出!  | ホーム | 浮島神社ピンポイント応援>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1612-a0774cdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: