コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

Entries

浮島神社ピンポイント応援

2016603yuDSC04677.jpg
先月はじめに浮島神社さんを訪ねてきた。
熊本震災のなかでも被害が大きい益城町の近くであったため2度の震度7により、灯籠・狛犬・鳥居や石垣の崩壊、社殿・本殿も傾くという想像以上に被災されていた。神社は地震保険に入れないことから自力復興の範囲をはるかに超えピンポイント応援の声もあり復興奉賛金を現在受け付けられている。









2016603yuDSC04689.jpg
井王神主さんから復旧でお忙しい時間を割いてお話を聞かせていただいていると、被災した家を取り壊すので神棚を預かって欲しいと憔悴された女性の方が訪ねて来られた。このようなことも被災者の方にとっては多くの届出・ 手続きのひとつとして悩ませることであり、被災者たる神社さんも状況に関係なく快く受け入れされていることに人の支えとしての大切さを知った。







2016603tyuDSC04697.jpg
弱虫ペダルファンの方も是非お越しください。






2016613qDSC_0210.jpg
今回の台湾遠征はツアーではない個人旅行で面倒な手続きはご一緒する水曜会の上原さんにまかせっきり。 今日は台北から花蓮までの往復の電車予約までしてもらったようだ。わたしはというと1975年の台北を舞台にしたこんな本を読んでトリップを楽しんでいる。作者の東山さんは、台湾生まれで幼少期を台北で過ごされているから、日本人の視点でオートバイひしめく喧騒と混沌のねっとりとした繁華街が描かれ台湾好きのわたしにはたまらない。内容も北方謙三氏は「二十年に一度の傑作」、伊集院静氏は「これほど幸せな読書は何年ぶりだ」と本の帯で絶賛されている。疾走感と怒涛の展開は太魯閣までの88キロの上りでゆっくり反芻することにしよう。たぶんすっぱそうだが。






FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず ---




スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1611-f5331b4d

左サイドMenu

プロフィール

コルナゴ部長

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム