コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

僕たちの天草下島サイクルマラソン 其の三

4022016ui20160328_063159.jpg
 天草にいる間も毎日ロードバイクの方や弱虫ペダルファンの方がお越しになっていた。

こちらは雲海に遭遇された東京からお越しのお二人。







4022016ui20160331_062027.jpg
愛知からお越しのお二人は二泊され、一泊は弱虫ペダル1年生の部屋となった蘇峰にお泊り。






4022016uiDSC_0310.jpg
熊本入りしてまずは天草のコースを手中に収められ

阿蘇へは熊本城からスタートし、国道57号から阿蘇大橋を渡り

吉田線・坊中線の弱虫ペダルそのままのコースでお越しになった。

15時宿到着後、荷物を置き、外輪山には厚い雲がかかっていたが、ためらうことなく牧の戸峠を目指された。

最終日に「いまきん食堂」のあか牛丼食べ熊本駅へ自走で行かれた。

大津から旧道を教え機材トラブルがあったら「しゃりんかん」も教えてあげた。

「熊本駅に着いたら黒亭ラーメンがゴールだよ」

「必ずそうします!」と、元気に宿を発たれた。

みなさん凄いよ。








3312016pIMG_0423.jpg
天草二日目は、本渡から内海側を南下し上平港の先、下平漁港からハイヤ大橋まで往復50キロを目指した。

穏やかな海はほのぼのとした気分になる。

道路は車の少ない旧道だが道幅が狭いので注意が必要。

下島の産業は、ほとんどが漁業や農業だから、車が少なくサイクリングするには格好の場所

コースも平坦もあれば山岳コースもあり島一周は130キロ。

自然にも恵まれ温泉もあり

伊勢海老や美味しい地魚を産む紺碧の海までセットされているから、自転車乗りには聖地といってもいい。

ただ、弱点はここまで来るアクセス

新幹線で出水駅、シャトルバスで口之津港、もしくは自走で40km

口之津港からはフェリーで牛深港へ30分、これがベストか。








3312016pIMG_0222.jpg
下島のシンボル、ハイヤ大橋を渡り往路終了。







3312016pIMG_0227.jpg
ランチはハイヤ大橋近くの牛深港沿いにある魚政さんへ

港にしてこの透明度








3312016pIMG_0224.jpg
1階が魚屋で2階が食堂

当然ながらの捕れたての天然魚が自慢







3312016pIMG_0239.jpg
わたしと大久保さんは「魚政自慢定食」の刺し身コース

兄ちゃんはとんかつ定食

弟の大久保坂道君がカツカレー

これでいいのだ。






3312016pIMG_0241.jpg
刺し身盛りの他に、カレイの卵の煮物、鯛の潮汁、それに小鯛の煮付け

ご飯も旨かったし大満足の牛深の幸だった。






0374pIMG_0374.jpg
復路も元気に走った。

兄ちゃんのサポートカーにいつでも乗っても良かったが自分の足でゴールができた。

もうすぐ中学1年生、慣れない新しい環境でも、自分の力でやり遂げることを知ってくれたら嬉しいな。








FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず ---






スポンサーサイト
  1. 2016/04/02(土) 18:21:28|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<僕たちの天草下島サイクルマラソン 最終編 | ホーム | 僕たちの天草下島サイクルマラソン 其の二>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1586-f22abea9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: