コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

阿蘇ライドへようこそ

2016323yuDSC_0271.jpg
新聞にあった「新製品バトル」の記事で「芯が折れないシャープペン」特集があった。子供の頃から強く鉛筆を握っていたので今でもペンシルの芯はよく折れる。特に急いで書いている時に限って「ポキッ」と折れ、その度ごとにイライラしている。なのでそんなのがあったら便利と近くの文具店に行った。特集記事には「強い筆圧からガード」の謳い文句の「ゼブラのデルガート」、「1授業、ノック1回」の「三菱鉛筆のクルトガ」、それと「細い字、長時間快適に」の「ぺんてるのオレンズ」の三つの紹介があった。早速試し書きをすると、どれもやや慣れは必要のようだが不思議と芯が折れない。機能が変わらないならフィット感でオレンズのメタルグリップを選んだ。以来、穏やかな日々を送っている。

帰りがけにふと1本の白いボールペンに目が止まった。悩ましいフォルムと重量感のバランスに一目惚れ、店員さんに尋ねると明治創業の銀座にある文具店の老舗「伊東屋」のオリジナル商品だそうだ。旅館では毎日外国人といると、「Made in Japan」に憧れる彼らから日本製の素晴らしさを教えてもらうような気にもなって、やや値が張るがこちらも購入してしまった。店員さから「フリクションボールペンだから消せるのが便利」と言われた。「消えるボールペン?」・・・知ってはいたが、いったい消せることが何の役に立つのか尋ねると、例えば旅館だったらキャンセルや変更があるため消す必要がある予約台帳、消し跡も鉛筆やシャープペンシルに比べて消し残りが非常に少ないのが便利とよく使われているとか。それに予定が変わったりするスケジュール帳にもいい。専用の消しゴム(イレーサー)はカスがでなくて細い箇所も消すことできる。消える原理はイレーサーを擦ることで生じる摩擦熱によりインキの色が無色に変わり、筆跡を消すことができるため。証書類や郵便の宛名書きなど消えてはいけないものには当然ながら使用不可。
この2本を使ってみて感じたことはやはり日本の技術の素晴らしさ。そうなると外国人の土産にもいいのではないかと思っていたら、買った店員さんが「いつも外国の方を紹介してもらってありがとうございます」なんて、言われ、「??」・・・よく外国の方が宿で英文表記した温泉街の地図を見ながらやって来て、折れないペンシルや消えるボールペンを買って行かれるそうだ。そう言われると思い当たるフシがあり、今、宿にお越しの外国人の3~4人に1人が熊本へ直行便で来る香港の若い方、なのでそうなのかと売れる理由が判った。








2016323yuDSC_0258.jpg
走る季節となったので自転車乗りの方や、依然として聖地巡礼的弱虫ペダルファンが日々お越しになっている。ペダルの方でGIANTだったら福富寿一、RIDLEYだっら藤堂尽八のファン・・・などなど耳に馴染んでいる。








2016322yuDSC_0260.jpg
宿が弱虫ペダルの宿舎に設定されていなかったら、まずお会いできない人たちであり、このことはたいへんありがたいことだと思っている。なので、訪ねて来られたらちゃんと挨拶して要望があればこれまでの経緯など話もしている。宿のスタッフの丸山君は自転車乗りで家が宿の近くだから朝練のコースがラピュタ。そこで弱虫ペダルのファンの方が早朝にアタックされる際には一緒に走って頂上まで案内し写真を撮ったりしてあげている。もちろん仕事じゃなくて、その時次第の趣味の一環だけど。








2016323yuDSC_0261.jpg
わたしも楽しく過ごしています。







2016322yuDSC04529.jpg
先日、千葉からお越しのCOLNAGO TITANIO乗りの高橋さんは、日の出を見にラピュタに行かれたが寒すぎて(零度)早々に頂上から引き返したと言われていた。早朝走るならば一桁対応の装備はまだ必要だろう。熊本市内より内牧温泉は3~4℃涼しく(寒く)、ミルクロードや阿蘇山頂付近になると内牧よりさらに4℃~6℃寒くなる。風が吹くと体感温度はもっと厳しくなる。

前後のライトはもちろん必須だが、早朝のミルクロードはほとんど視界ゼロの濃霧の日が多くその状況に出くわしたらすぐに引き返すべき。わたしを含め通勤で日常的に走るクルマは、早朝の濃霧の中を自転車が走っているとは思ってもいないのでたいへん危険である。

あと、「朝食時間までに間に合わなかったらどうしよう」とか、「間に合うように帰って来ます」と言われるが、本来、早朝のラピュタの光景を見るために遥々遠征されているわけだから朝食をその代償にすべきではないのでは。それより目の前の光景を十分に堪能すべきかと思う。ということで心の準備も整えて、貴方の阿蘇ライドをお愉しみください。









FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず ---


スポンサーサイト
  1. 2016/03/25(金) 13:33:26|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<僕たちの天草下島サイクルマラソン | ホーム | ニッポンのじてんしゃ旅、阿蘇内牧温泉>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/03/28(月) 10:42:55 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1583-953ea5e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: