コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

世界への狼煙

2016318qaDSC_0233.jpg
昨日の朝、スカイライン展望所付近のミルクロードの道際に、野焼きボランティアさんのクルマが20台以上停まっており、先日あった野焼きの燃え残しをミルクロードの北側から焼き始めるところのようだった。午後からは、スカイライン展望所や北山展望所の真下当たりから煙が上がり、いよいよカルデラ側を焼き始めた。

麓から広がる杉林は戦後に植林されたもので、それまではなだらか草原が頂上近くまで広がり牛の放牧がされていたそうである。宿の60過ぎのスタッフによると、子供頃はすでに植林がされていたが、まだ少なく外輪山の頂上まで広がる草原で遊びまわっていたそうだ。





2016318qaDSC_0244.jpg
その後、ラピュタの先、二重の峠の東側から狩尾地区まで広範囲に火の手が上がり、帰りに見たら真っ黒に焼き尽くされていた。阿蘇地域世界農業遺産たる千年続く農耕のひとつ野焼きが終わった。

「野焼きが終わると阿蘇のサイクリングシーズンとなる」、まさに聴いていたかのように、宅急便で自転車が送らえれてきたり、車載の方がお越し始めた。







2016314pednIMG_0118.jpg
内牧温泉の居酒屋はまだ一軒も行ったことがないので実体験におけるおすすめの店を紹介するこことはできないが、地元菊池には数軒の馴染みの店があって自信をもって紹介できる店もある。そのうちのひとつが温泉街にある「コントルノ食堂」。小さな店のため週末はなかなか予約が取れないが、平日に都合ができたので家内と息子と三人で行ってきた。

菊池は温泉がいいから、ここに泊まって阿蘇方面のサイクリングも楽しい。コースは菊池渓谷経由のミルクロード、そこからは体力に合わせて多様なコースを選択されたらいい。参考までにルートラボに幾つか紹介しているのでご覧になればと思う。(ルートラボを開いて「コルナゴ部長」で検索)

ということで、菊池の食材を用いたイタリア料理を手軽に食べられる「コントルノ食堂」は、オーナー菊池健一郎さんがひとりでふるまうカウンターとテーブル一席だけの小さな店だ。食材は菊池さんの同級生の農家さんが産直で納め、持ち味を大事にするメニュを手がけられている。

最初の一品は写真にはないが名刺代わりの前菜盛り上せはおすすめ。






2016314pednIMG_0091.jpg
今が旬の菜の花は、生ハムと合わせ隠し味のナッツが効いた温野菜風。






2016314pednIMG_0092.jpg
白いんげん豆とツナのサラダ

スペイン料理のタパス風、これはヘミングウェイの小説で出てきたような記憶も。





2016318qaIMG_0094.jpg
菊池シェフ本日のおすすめの食材がアサリ貝、何種類か献立をお聞きして、やはりパスタで。

ボンゴレって想像できる味だが、さて一口食べると三人とも・・・「おおっ!」と・・・

アサリの旨味が何倍にも麺に濃縮されている。

どうしてこういう料理が作れるのだろうか、今までのなかで最高のボンゴレ ビアンコだった。







2016314pednIMG_0100.jpg
走る豚の赤ワイン煮と菊池米のリゾット

走る豚とは起伏のある山を牧場のように囲みそこで飼われている豚。

一度見に行ったことがあるが、蹄の音を立て集団で勢い良く走り回る姿は到底豚とは思えなかった・・・








2016314pednIMG_0093.jpg
菊池の食材を配したイタリア料理の感激の旨さは菊池の観光資源といってもいいかも知れない。

あか牛丼で有名な内牧温泉の「いまきん食堂」は、家族経営の小さな食堂だが入店客数は年間約10万人。

その丼目当ての客は、待ち時間の間に温泉街を散策したり、近くの観光地巡りへ足を運んだりと、地域への貢献は大きい。

菊池は水が特別に上質だから美味しい食材の宝庫だと思う。

それに農家さんはどの地域よりも努力家だと感じる。

その恵みを職人の手により、手軽な価格で食することができることは、まさに世界への狼煙といっていいかも知れない。

4年間、40キロ離れたところから眺めて、そう感じた。







FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず ---



スポンサーサイト
  1. 2016/03/18(金) 16:52:38|
  2. おすすめ食事処
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ニッポンのじてんしゃ旅、阿蘇内牧温泉 | ホーム | 阿蘇の農耕祭事>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1581-bc7caa2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: