コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

重力が味方の自転車力


今年の走り始めは100キロ4時間を目指して

アップダウンの菊池人吉林道と、

平坦な菊池川河川敷を走ってきた。








2016104frDSC04153.jpg
林道では脇道探検もしたかったが今日は全力走行が課題

四季の里から超速ダウンヒルで里に降り、フラットな菊池川支流の合志川沿いを懸命に走り、

菊池川本流沿いに出ても力を緩めず

熊本山鹿自転車道にあたる分田橋を渡って支流の上内田川沿いでは、向かい風のなか力を振り絞り、走った。

しかし、水辺プラザで足が終わり、矢谷渓谷方面の上りは諦めて平らな325号で帰った。

走行距離70キロ、今の力では限界の3時間だった。








2016104frDSC04161.jpg
今年も自身の大会記録を塗り替えることを目標に練習に取り組みたい。

それと阿蘇サイクリングに挑戦される方のお手伝いも引き続きできればと思っている。

今年で58歳になるが、暮れに読んだ村上春樹の言葉が響いた。

「年をとることは、それなりのメリットもある。

失うものもあれば、得るものもある。

失うものより得るものを、少しでも多くしなきゃ、というのが僕の目下の課題だ。」

だから遅くても弱くても走る。

開高健が好んで使った言葉には「Noblesse Oblige」、「位高ければ、務め重し」と本人は訳すが

わたしの「Noblesse Oblige」は、

「経験を重ねた自転車乗りは社会に貢献すべし」

老いという人に平等な重力には逆らず、細やかな経験を生かし、お役に立てればと思っている。









FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず ---








スポンサーサイト
  1. 2016/01/05(火) 12:04:36|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<弱虫ペダルのカタルシス | ホーム | 恭賀新年 2016年>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1557-033b65da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: