コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

エコスクール日本一!

菊池高校

昨年、創立百周年を迎えた県立菊池高等学校が全面改築し、環境を考慮した学校施設『エコスクール』に生まれ変わりました。

環境を考慮した学校施設(エコスクール)とは、環境への負荷の低減を目指して設計・建設がなされる施設(施設面)、環境への負荷の低減の目的に沿った運営がなされる施設(運営面)、環境教育にも活用されることが可能な施設(教育面)という三つの視点から捉えられ、施設自体の建築的要素と運営・教育という人的要素が調和・機能する学校施設です。

菊池高校のエコスクールの中身は、

太陽光発電65kw/日
雨水再利用
屋上緑化
ビオトープ
自然の光と風の利用
学校林木材の利用

菊池高校の太陽光年間発電量は、197世帯の年間消費電力を発電、20リッターのポリタンクで961個分の石油消費を抑制、年間14848kgのCO2発生が抑えられるという。

14848kgのCO2 を森林に吸収させるとすれば、152444㎡の広さが必要、逆に言えば65kwの太陽光発電の菊池高校は152444㎡の広さの森林(福岡ドームのグランド約11個分)を作り出したことになります。

地球温暖化の危機が迫る今、このような取り組みはたいへん重要であると思います。
学校の授業のなかでも環境問題を取り入れて、エコスクール日本一を目指して頂きたいものです、頑張れ我が母校!!
スポンサーサイト
  1. 2009/01/26(月) 12:54:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<春からの初夏の宿泊プランができました! | ホーム | 山女魚の炭火焼、部屋に到着>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/154-b1d3eebc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: