コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

Entries

沖縄遠征 其の一

20151112oki_DSC0290.jpg
まだまだ続く弱虫ペダル巡礼の旅はほとんど毎日、それも遠くからもお越しになっている。

こちらは東京のYさんと大分のお友達、沖縄風にポーズで決めていただいた。






20151112okiDSC03866.jpg
「ツール・ド・おきなわ」には、フットワークと滞在時間を優先するため、自転車はイワイさんからメンテナンスを兼ねて発送してもらい、沖縄のバイシクルキッズ店で乗れる状態で受け取る例年通りのパターンで挑んだ。

今回は福岡の髙巣さんと2日目から行動を共にした。遠征の目的として完走を目指すこと以外に、沖縄の友人との再会と、新しい友人をつくること、それに自転車仲間おすすめの名所巡りと、最終日の回復サイクリングである。

よって、二人だけの世界・空気感というバリアを無くし、なるだけ声を掛けてもらいやすいように努めることである。わたしの旅館では、一人旅などお越しの方で、そのような雰囲気の方には何かしてあげようと思うが、遮断したような「そんなの無用」と感じる方や、自分たちの世界に入っているグループの方には、こちらから声を掛けることはない。それも旅を満喫するひとつの方法だが、わたしの場合は無防備な羊になって、いろんな発見や体験を教えてもらうことである。






20151112okiDSC03852.jpg
空港についたら、レンタカーを借りて、宜野湾のホテルで阿蘇を2回走った沖縄の自転車仲間の伊佐さんと合流、おすすめの観光に連れていってもらう。神戸の大礼さんからは、中城城跡(なかぐすくじょうあと)の良さを聞いていたし、伊佐さんもここは押さえておくべきということだったので、まずは世界遺産たる古琉球時代の城跡へ案内してもらった。ここは現在、石組みだけの城跡だが、東シナ海と太平洋が一望でき、爽やかな風が吹き抜け一人で訪れて本でも読みたい素晴らしいところだった。







20151112okiDSC03875.jpg
このあと18世紀中頃に立てられた独特な住居建築の中村家住宅や、アメリカンレストランA&Wの沖縄一号店でルートビアを初体験し、アメリカ兵隊御用達の飲み屋や質屋が集まる通りを散策した。






20151112okiIMG_2318.jpg
巨大なイオンモールなどの出店で

駐車場の無いアーケード街は寂れてゆく様子はどこも一緒

それでもしがみつくように生きる年配の方の姿だけが目に入った。







20151112okiDSC03884.jpg
伊佐さんの店「ブエノチキン普天間店」

ニンニクやハーブなど香辛料をまぶし、回転するグリルでまるごとチキンを焼いた南米料理は沖縄の気候にぴったりの味。

北谷のアメリカンビレッジから15分、キャンプフォスターの近くで沖縄に来た際には是非押さえたいところだ。







20151112okiDSC03897.jpg
ブエノチキンのすぐ近くにある伊佐さんおすすめのミニベロ専門店「MINIVELO STATION」にお邪魔した。昨年、宿にこのショップチームが全員ミニベロの輪行でお越しになり阿蘇を走られた。

折りたたみのミニベロ小径車と言えば、イギリスのBROMPTONが有名だが、お値段は安いのでも20万円弱と高額。都会の人のお洒落な街乗りや、旅のお供としての遊び道具という印象だったが、東京や大阪ならともかく、ここは沖縄、正直売れているのかと思いながらドアを開いた。








20151112okiDSC03889.jpg
ずらりと並ぶのはスイスのBRUNOで54000円(税別)と破格。このお値段で折りたたんで旅先の乗り物や、街乗りに適した軽量性、かつ、ロングライドにも対応できるコンポ、それに想像以上の安定感ある乗り心地など様々なスペックを兼ね備えている。






20151112okiIMG_2347.jpg
携帯工具やポンプ、ライトは、ほとんどLEZYNEで統一





20151112okiDSC03898.jpg
オーナーの内間さん、都会的なミニベロの雰囲気をこわさないために、一般的な自転車店といえばタイヤのゴム・油の匂いが漂っているものだが、それを消臭し店内も明るくお洒落な空間にしてある。また、乗り心地を体験するためにも数台の試乗車があり、じっくりと試すこともできる。






20151112okiIMG_2345.jpg
内間さんの趣味の実物と見間違うクレーンがジオラマ風に店内を飾る。





20151112okiDSC03895.jpg
こちらは香川県さぬき市で作られたTYRELL

ロードバイク感覚の走りが堪能できる。





220151112okiIMG_2349.jpg
千葉県で作られたPECOは、前後サス、ディスクブレーキにクイックフォールディングで瞬時に折りたためる。

ちょっと本気で悩んだ。

九州でのミニベロ専門店と言えば希少なので、ここで試乗し十分納得した上で購入ということもありかも。

何かの機会で沖縄を訪れたら、立ち寄る価値大。







20151112okiDSC03901.jpg
夕食はミニベロステーションのチームのメンバーが迎えてくれて

1950~1960年代の古き良きアメリカを再現したカフェ・レストラン「SAM' CAFE」で食事会。






20151112okiIMG_2361.jpg
BGMはオールディーズで外国人客も多くてまさにアメリカ

沖縄の人はノリが良くて、ウエイトレスさんの帽子を借りて写真を撮リ合うサービスもあるが

被ったまま食事をするのもあり。

ワイワイと賑やかに楽しく、美味しいステーキを頂いた。

メンバーの皆さんに感謝、阿蘇に来られた恩返ししますよ。

第一日目終了。









FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず


スポンサーサイト

*Comment

蒼いクジラさん 

太宰府にもありましたね!
蒼いクジラさんのショップですね、ミニベロでも阿蘇の山々を走れることを沖縄のメンバーにも教えておきます。
  • posted by コルナゴ部長 
  • URL 
  • 2015.11/14 09:27分 
  • [Edit]

目からウロコ?ミニベロ(^^; 

http://ameblo.jp/aoikugira2013/entry-12041493854.html
太宰府のミニベロ専門店ランドジーネの巻のブログ・・・覗いて見て下さい。(^^;
  • posted by 蒼いクジラ 
  • URL 
  • 2015.11/13 21:02分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2015.11/12 17:02分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1536-444eb059

左サイドMenu

プロフィール

コルナゴ部長

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム