コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

Entries

3回目の挑戦、大人の運動会

20151104goR0012058.jpg
5時30分、街灯もない真っ暗な竜門ダムまでの朝練は気温10度。

走り始めの10分間ときたら、毎度の事ながら泣きたい程寒い。

自分の身体のつくりは夏の暑さは我慢できるようにできているが、寒さへの抵抗はからっきし弱い。

たぶんルーツは、赤道に近いアジアの民に間違いないと思っている。

家を出て10分後の上りになると、今度はジワジワ暑くなり、折り返しの下りでは汗が冷えて

またもや寒くなり、家に着いたら贅沢にも温泉があって、それにドボン。

カチカチに凍った身体が42度の温泉に浸り、ジワジワと融けるように温まる。

この瞬間だけは極楽、極楽、我慢した甲斐があったと毎度幸せな気持ちなれる。

ベッドから出るまで苦悩の自問自答、悪魔か天使かの囁きに勝った修行はすでに40数回。

それも明日の朝までとなった。

沖縄北部の最低気温はおおまか22度、最高気温はなんと27度。

この慣れない気温のショックと、途方もないアドレナリンの分泌による異常な走りによって足攣りが起こる。

普段なら止まるか弱めるか、しかし、この大会の場合、痛さを堪え、顔を歪ませて、走る。

ツール・ド・おきなわ100キロ完走に向けての1年間の準備と、レース本番で我慢の結果、

もしかしたら幸せな気持ちでゴールにたどりつけるかもしれない。

写真は狩尾峠、朝走るのは真っ暗な時間帯だから、風景はもちろんライトに照らされた路面しか見えない。

「こんな峠道で練習してる」と、思えばもっと元気が出るかも。

ウネウネ続く沖縄の上りもそんな風に走ろう。








20151105njiIMG_8321.jpg
昨日、熊本駅から浮島神社に立ち寄り、自走でお越しの福岡のFさん夫妻と

今朝お二人をお迎えに来られ南阿蘇方面のサイクリングを案内される熊本のHさん。

「沖縄、頑張って」、じゃなく、「愉しんで」、と訂正してもらい、嬉しかった。






20151105nji_DSC0284.jpg
持っていく本は北杜夫さん

北杜夫さんが影響受けた本や、自身の作品の自作解説のエッセイ本。

「どくとるマンボウ」シリーズや「船乗りクプクプ」、「怪盗ジバコ」など、中学生の頃に初めて読んで時間を忘れる愉しみを憶えた。

「白きたおやかな峰」では登山に興味をもった。

そんな中学生の時の気持ちを想い起し、大人の運動会に行ってくる。

戌年の男コルナゴ部長、沖縄を手中にしておいで。







FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず



スポンサーサイト

*Comment

せんさん 

ありがとうございます。
天気も上々で愉しそうな自転車阿蘇旅のようでした。
特に坂道君の部屋がお気に入りのようでしたね。
これからもよろしくお願いします。
  • posted by コルナゴ部長 
  • URL 
  • 2015.11/06 08:32分 
  • [Edit]

おはようございます♪ 

今回福岡のF夫妻がお世話になりました。
とても、素敵な時間を過ごせたようでありがとうございました。
F夫妻の今回の旅を仲間内のブログ担当の私のブログにてアップしております。
勝手ながら、リンク張らせて頂きました。
事後報告になり申し訳ありません。
  • posted by せん 
  • URL 
  • 2015.11/06 07:59分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1534-312e1705

左サイドMenu

プロフィール

コルナゴ部長

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム