コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

Entries

第25回英彦山サイクルタイムトライアル

212033039_891987810877257_9.jpg
Photo by MASAYA FURUKAWA

第25回英彦山サイクルタイムトライアルに5度目の挑戦に行ってきた。

写真はフォトグラファー MASAYA FURUKAWAさんから借用させていただいた。昨年のツール・ド・沖縄のゴール付近でFURUKAWAさんをお見かけしたが、ゴールした悦びの自己陶酔にどっぷりと浸っていたため話し掛けることができず、という気持ち以上にそんなことが苦手のため気になっていた方なのに残念な思いをしていた。ネットで紹介されるFURUKAWAさんの写真のなかで一番好きなのは、阿蘇五岳が月夜に照らされる不思議な一枚。この写真を阿蘇の観光協会が買って販促に使えばと思っているが、その立場にはないのでそのままになっている。お金を生む風景写真にお金を払うことに抵抗があるのならそれはもったいない。そこに秘宝が眠っているのにとわたしは思うのだが。

この写真、参加した人はよく判るが、やや荒れたアスファルトが湿っている。最後の英彦山の上りはこんな木立の中を延々と5キロ上って行く。あと3キロとマーキングされたところから徐々に応援する人を見かけ、ゴールに近づく苦しさと比例して人が多くなる。だから気を抜こうにも凝視されているので声援にはカラダで答えるしかない。それに知らない方から名前まで呼ばれたりするとまた別の力もフワッと湧いてくるものだ。

声変わりした風邪気味の体調だったので、試走後は大事をとって日陰の風の当らないところで静かにしていた。そんな状態だったのでミーティング内容はあとで知人から聞くことした。スタート会場に人が集まりだし、人と会うたびに元気が出てきて、スタートが近づくといよいよエネルギー充填、戦闘モードに入り、体調云々どころの話ではない。たまらない緊張感、視界の先には霊山、嗚呼これぞ勝負の世界、戌歳の男よ、思うが侭に駆けろ。







212039242_892004574208914_6.jpg
最後の上りの勝負所になって今回決めたセオリーで走る。ダンシングしない。辛くとも上体は絶対振らさない。背筋の力で身体全体でペダルを回すイメージ。体力が落ちているから無駄なエネルギーを使わずゴールを目指した。途中スッーと気を失う前兆のようなものもあってこれ以上は無理という限界を感じた。サイコンは以前より動作しておらずタイムも判らない。でも周りの人の雰囲気からそんなにタイムは遅れていないだろうと思った。







2015928hiko12.jpg
Photo by Hirowatari

帽子のつばから汗がしたたり落ちる。

喘ぎ声が聞こえる。

声援も聞こえる。

道路ペイントも見える。

あと100M、倒れる訳にはいかない。

最後のもがきはできなかったが、ゴール。

これでやっと、やっと、英彦山が終わった。








22015928hikoDSC03616.jpg
2011年 55分39秒

2012年 59分20秒

2013年 55分49秒

2014年 52分27秒

そして今年は、2015年 54分05秒。

CHANOKOジャージはレースに完全対応するも、家内曰く、「目立たないから、写真取り損ねた・・・」

このジャージ着たときは目立つところでゴールすること、集団ならばトップで、

けっして群れてはいけないということである。









FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず


スポンサーサイト

*Comment

えとじゅんさん 

今から阿蘇は雲海のシーズンになります。寒暖の差がある早朝に見ることができますので是非早起きしてお越しください。8時30分くらいまでならまた見えると思いますよ。
  • posted by コルナゴ部長 
  • URL 
  • 2015.10/01 09:58分 
  • [Edit]

英彦山 

こんばんは、英彦山ヒルクライムは選手のレベルもさる事ながら機材のレベルも高かったですね。レース後は弱ペダファンの嫁さんと自転車をジロジロ見て回り楽しみました(笑)
今はまだ四峠越えれる自信はありませんが、来年は阿蘇坊も走らせて貰おうと思います。結構阿蘇には大分から走りに行ってますので、見かけましたら声掛けさせて貰います。
  • posted by えとじゅん 
  • URL 
  • 2015.09/30 20:48分 
  • [Edit]

MIKAさん 

こんにちは、ハートマークが刺激になりました。
はじめてロードバイクに乗るなら、あんまり連続する坂はひかえられたがいいかと。それよりフラットで景色のいいところで「楽しい」「気持ちいい」という印象を植え付けたがいいかと思います。阿蘇だったらミルクロードの展望所にクルマを置いて付近をサイクリングされるのがおすすめでしょうか。

  • posted by コルナゴ部長 
  • URL 
  • 2015.09/30 09:32分 
  • [Edit]

お疲れさまでした。 

初めまして、いつも楽しく拝見させて頂いております。
実は…写真の応援メッセージ書いた本人です。まさか載せて頂けるとは思わず、光栄です!
英彦山で初めてサイクルイベントを近くでみました。なんだか無性に自転車に乗りたくなりました。来年は自分も出てみようかと思います。

英彦山、本当にお疲れさまでした。
  • posted by MIKA 
  • URL 
  • 2015.09/29 22:44分 
  • [Edit]

えとじゅんさん 

こんにちは、初サイクルイベントが英彦山とは一気に高いハードルやっちゃいましたね。あとは何でもいけるんじゃないでしょうか。
沿道の声援、ありがたいですよね。せっかく来たからには経済的効果をと道の駅で買い物でもと思いましたが、駐車場が満車で断念しました。

あの坂をよだれたらして力を振り絞りながら登ると、カラダの中に淀んでいたのが消えてなくなろうような清々しい気持ちになって達成感は半端ない大会ですね。
また、どこかの大会でお会いしましょう。
そのときは是非声かけてください。
  • posted by コルナゴ部長 
  • URL 
  • 2015.09/29 06:23分 
  • [Edit]

お疲れ様でした。 

初めまして、いつもブログ拝見させて貰ってます。そして英彦山ヒルクライムお疲れ様でした。私は初のサイクルイベントとして英彦山を走らせて貰いました。沿道のじいちゃんばあちゃんが私の番号を呼びながら応援してくれました。また来年、自分の元気な姿を見せたいです。激坂登って身体は疲れましたが、心は元気になりました。自転車って楽しいですね。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1520-dc6318cb

左サイドMenu

プロフィール

コルナゴ部長

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム