コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

昔のままの姿

2015911hjDSC03553.jpg
10日より宗総監督率いる旭化成陸上競技部30名様が10泊の予定で合宿されている。

すでに24年目となり街中や湯浦を走る選手の姿は阿蘇内牧温泉の風物誌ともいえる。

初々しい新人選手がいつの間にか表彰台に上がったり

世界大会に出場したり

力及ばず引退したり

他チームのコーチになったり、監督になったり、そんな24年目の物語が今年も始まる。

昔のままの姿で見守ってきた部屋は今や杉の間だけ

宗総監督お気入りの温泉は、湧出当時と同じ一切手を加えず自然のままの状態でアスリートを治癒している。






2015911hj_DSC0078.jpg
怪我や不調選手のキャンセルがあって、合宿期間中空室が出てきたので興味ある方は眺めに来られるのもいい機会かも。

ちなみに宗総監督は14日からとなる。





2015911hj_DSC0284.jpg
ラピュタは現在通行止

麓は長寿ヶ丘公園の遮断機が降り、ミルクロード側はチェーンで封鎖してある。







2015911hjIMG_2154.jpg
牧草や牛を運ぶ地元の農耕車両は生活の糧となる道なので通行している。

「お姉ちゃん達、ここは観光の道じゃないよ」

「路面も荒れ、視界のない曲がり角が多く、ガードレールもなくて、引き返すことも出来ない、危険な道だよ」

「だから通らないで、すぐ横を歩いて上ると展望できるところがあるから、そこから見て楽しんでね」

という通行止。






2015911hjIMG_1053.jpg
風に揺らぐ美しい毛皮のような草の絨毯を剥ぎ取ると、そこには恐ろしい地獄絵のような世界もある。

ラピュタというイメージが一人歩きし、崖あり谷底ありの猛々しい峠道が本来の狩尾峠である。

それを伝えきれなかった。

千年続く野焼きの山肌がそのまま残る我々の遺産を残すためにも

地元の話し合いを只今静観中。

よって質問はお断り。







FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず


スポンサーサイト
  1. 2015/09/11(金) 17:53:23|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<run&cycle | ホーム | 英彦山ヒルクライムに備えて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1512-d4a4cedb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: