コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

英彦山ヒルクライムに備えて

201599IMG_8287.jpg
9月27日開催の「第25回英彦山サイクルタイムトライアル」の出場許可通知書が届いた。
今年は足を負傷し練習のスタートが出遅れた。それに目もやったし、いまいち気がすすまなかったが、何となく勢いだけで申し込んでしまった。朝1時間走っているものの、心拍180までは追い込めず、極限から遥か下の領域で練習もどきが続いている。まあ、このくらいでないと継続すら出来そうにないので仕方ないと思っているが、朝走ると体が軽くなるし充実感もあるのでこれでよしとしている。

この大会は15.1kmのヒルクライムレースで最後の5キロの上りが厳しい。というのも沿道には応援する人がずらりと並び、友人知人、まだ知らない人からも名前を呼ばれるものだから、気が抜けず最後までダレずに走らなければならない。「頑張れ」という応援の意味は、「普段以上の力を出せよ!」・・・だから、精魂尽きているのに悲しくさえなってくる。でも嬉しい。有難い。くじけそうな気持ちをポジティブ思考に取り戻し、逆境を乗り越えるカンフル剤になってくれる。ゴールを目指し、力いっぱい走るという幅と奥行きを広げてくれる。そんな心の持ち方を支えてくれるのが、英彦山TT。

では、お見苦しいですが力強い応援で昇天した姿 ・・・









201599IMG_3924.jpg
初参加の2011年

55分39秒





201599R0011075.jpg
2012年

59分20秒







201599_DSC1254.jpg
2013年

55分49秒






201599_DSC0110.jpg
2014年

52分27秒






201599IMG_1237.jpg
苦痛から解き放された10分後には

快感をもたらす脳内ホルモンが分泌され

このような心地よい景色を思い浮かべることができる。

以上、英彦山ヒルクライムの心得。






201599_DSC0065.jpg
追伸

弱虫ペダル劇場版は熊本光の森では9月18日まで公開予定

弱虫ペダル新聞は宿にて継続販売中






FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず



スポンサーサイト
  1. 2015/09/09(水) 16:45:28|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<昔のままの姿 | ホーム | 明日のラピュタの日の出は5時46分29秒>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1511-9dce7a4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: