コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

Entries

サイクリングで行く八千代座

2015821004okiIMG_1960.jpg
早朝ラピュタを堪能した沖縄の友人とクルマで菊池に移動して我が家から山鹿の八千代座に行ってきた。
菊池川沿いの平坦な河川敷の道と、途中からサイクリング専用道路の「熊本山鹿自転車道・ゆうかファミリーロード」も沖縄の人には珍しいのでないかとこのコースを選択。情緒ある豊前街道の街並みを見ながら八千代座に到着した。

八千代座は江戸時代から伝わる芝居小屋であり、現在も坂東玉三郎の公演もある国指定の重要文化財である。桝席、本花道、廻り舞台、スッポン、桟敷席、天井広告画、シャンデリアなど様々な見所や仕掛けがある。しかし、素人が見ただけでは表面を見ただけで終わってしまうが、専属のガイドさんがおもしろおかしく説明してくれるとそれが物語りになり、キセルの焦跡ひとつが歴史的価値に感じてしまう。ここを訪れた際には是非ともガイドさんの案内で八千代座を自分のモノにして欲しいものだ。




2015821oki003IMG_1957.jpg
沖縄から来たと行ったら花吹雪を舞わせてくれた。

そして、その花吹雪の両手一杯のお値段は何と3000円!

どうしてか?

国指定の重要文化財だから、燃えない紙でないといけない。

よってそのお値段になるというガイドさんトークにまたもや感心する。






2015821oki001.jpg
「写真を撮りましょう」と、場所は花道

「いよぉ~日本一!」とガイドさん

ポーズはもちろん歌舞伎役者になりきってご機嫌な大見得

これでサクッと八千代座完了。

終わりも気持ちがいい。







2015821005okiIMG_1973.jpg
夜は菊池の居酒屋「自遊亭」で馬料理を食べ

二次会は沖縄料理店で完全燃焼した。

嘉手納基地内のステーキハウスに案内してもらったお返しが気持ちばかりできたのならうれしい次第。







FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1503-bc36463c

左サイドMenu

プロフィール

コルナゴ部長

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム