コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

本屋らしい本屋で出会う一冊

2015724tg_DSC1104.jpg
新町の長崎次郎書店に行ってきた。

創業明治7年の古い外観のビルだが、中はこじんまりと落ち着いた改装がされ、ゆっくりと一冊の本を選ぶことが出来る。

2階には直営のカフェも出来ていた。

路面電車の音を聞きながら愉しむ珈琲と、本選びの名人たる老舗書店厳選の本が読めるカフェでの一息はここだけしかない。

そこで選んできた一冊。

坂崎重盛さんは、BS JAPANの「酒とつまみと男と女」という番組に出演していた人で

ALFEEの坂崎幸之助の叔父にあたり、番組の中でも何度か叔父と甥らしからぬ、爆笑の競演をされていた。

番組は酒をこよなく愛するオトナなちが、実際に居酒屋やバーで飲んで酔い

人生を語り合うというもので、不良隠居役として出演されていた。

古典酒場の編集長の倉嶋紀和子さんや、春風亭一之輔さんとの痛快無比な絡みが実に楽しかったが

今年の3月に突然終わってしまったのが残念だった。

番組のオープニング曲は、ライ・クーダーのDAVENPORT BLUES、エンディングはDARK END OF THE STREET

効果音や合間合間ににも、ライ・クーダーの曲が使われ、ゆったりした雰囲気と気だるさが似合う番組だった。

そんなゾッコンな人が書いた本だから中身もよく見ず、レジに持っていった。









2015724tg_DSC1093.jpg
今月初めから外観はそのままに一部客室の改装工事をしている。

チェックアウト後からチェックインまでの昼間の時間帯だけの工事だけに効率は非常に悪い。

客室も夏休みの忙しい時期なのでフル稼働したいところだが、職人さんの空いているのが今の時期しか無いから仕方ない。

加えて、8月は最も忙しくなるので法事などの昼間の宴会予約は受けないようにしている。

昼も夜もではスタッフの体がもたないからだ。

大工など職人さんも、旅館業のスタッフも、なかなか集まらず、ギリギリの人手で回している。

ここだけではなく、日本全国で起こっている深刻な問題であり、対応策もない。

よって今後は客数を追うのではなく、単価を上げて行くしかない。 

と、避けられない制約を、プラス志向で考えると、未来は明るい。

自転車でお越しになったりする一人旅は休前日以外引き続き現状のまま受け入れるつもり

今日も一人女性サイクリストが宿を目指されている、貴方の挑戦、応援します。








FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず

スポンサーサイト
  1. 2015/07/24(金) 17:56:19|
  2. 宿のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<荒れた道を求めるなら | ホーム | 熊本自転車旅の巡礼スポット>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1491-ae43b69b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: