コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

沖縄へ社員旅行 其の三

2015710bbbDSC03365.jpg
気温34度だが沖縄の太陽は大きくてパワーがある。

それにものすごく近いところから照らしてかのよう

日陰じゃないととてもじゃないのに

灼熱の島を縦断する国道58号を走るサイクリストは、10キロ置きに、見かける。






2015710bbbDSC03355.jpg
沖縄でも人気の観光地、万座毛

日本人はわたしたち9人であとは個人旅行の外国人

たぶん、中国、香港、台湾の方たちで、貸切バスではなく、わたしたちと同じようにレンタカーで来られている。

空港も、レンタカー会社も、ホテルも、国際通りも、美ら海水族館も

ここと同じような光景を目にした。








2015710bbbDSC03357.jpg
恩納村から名護へ続く海辺に並ぶ高級リゾートホテルは圧巻だ。

これは古株のANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートだが

日本のリゾートホテルベスト10に選ばれる、プセナ、オリエンタルヒルズ、アッタテラス、テラスクラブなど

豪華リゾートホテル群をドライブがてら眺めるのもいいものだ。

眺めるだけじゃなく、どこに泊まろうかと考えるのもいい。






2015710bbbDSC03362.jpg
ランチは国道沿いにある「なかむらそば」

そば屋には関係ないけど、ハワイと同じで沖縄に来たらGパンにスニーカーはおかしい

見てるだけで暑いし、うっとうしい

クーラーがきついところもあるのでこんな格好が理想

本土では夏以外揃えていないなら、いっそ沖縄に着いたら空港から15分のところに「アウトレットモールあしびな」があるので

直行してこちらで揃えるのもいい。






2015710bbbDSC03369.jpg
なかむらそばの前は紺碧の東シナ海が広がる。






2015710bbbDSC03370.jpg

ここにももレンタカーで乗り付けた外国人の長い行列ができていた。

外の席が空いていたので係りの人に言うとすんなりOK

混み合う店内より、9名でワイワイと、いっそ熱いそばとクーラー無しの屋外こそ沖縄らしいのでは

待つことなくそのまま券売機で食券を買う

だが、限定5食の豚足が鎮座するてびちそばは当然ながら売り切れ、スペアリブのソーキそばも売り切れ

アーサーそばは昨年食べたので、定番のなかむらそばを注文、そばができるまでオリオンの瓶ビールで乾杯した。







2015710bbbDSC03372.jpg
なかむらそば

しっかりとコシがある自家製麺でスープはあっさり鰹ダシと甘塩っさがこの暑さに似合う

細かく切られた柔らかい三枚肉はやや甘く煮込んでありそば全体の美味しさにからむ。

途中からしまとうがらしを垂らすと味の変化が出て一味違う愉しみ方もいい。

汗びっしょりになって食べる「すば」こそ沖縄の歴史を感じる逸品だ。





2015710bbbDSC03382.jpg
美ら海水族館までは海沿いの道を走った。

ちょっと遠く感じたが徐々に建物がなくなり田舎の景色になってきた

USJが美ら海水族館ををはじめ、財団法人が管理している公園内の施設の運営も受託し

新テーマパークを国営海洋博公園に建設して一体で効率的な集客につなげるそうだが

来る途中に二つあった高校の就職先としてや、周辺一帯の住民の雇用を生むことにも明るい企業進出となるだろう。






2015710bbbDSC03378.jpg
三匹の大きなジンベイサメには感動した。

ここまで交通の便はけっして良くはないが帳消しに成り得る感動だ。

そして、多くの客はほとんどが外国人、中国、香港、台湾・・・

彼らは売店でショッピングカゴ満載にして行列

このエキサイティングの勢いの人達がいなかったらどうなるのだろう。






2015710bbbDSC03384.jpg
古宇利島大橋

周辺の海のきれいさは本島でトップクラス、ここは自転車で走りたいものだ。

橋を渡ると両側に白砂の海水浴場がありここにも外国人






2015710bbbIMG_1642.jpg
橋を沖縄のパイナップルはさすがに美味しい。

古宇利島の物産館には熱帯のフルーツを食べやすく切って100円~150円のパックで売っていた。

いくつか食べたが、ねっとりと、むっちりと

これは甘く、これは爽やかで、これはカボチャとマンゴーの掛け合わせかと不思議な味もあった。

パッションフルーツ、ドラゴンフルーツ、島バナナ、フルーツパパイヤ、スターフルーツ、アップルマンゴー・・・

土産に1000円のマンゴーを数日間の部屋の芳香用として買った。







512015710bbbr.jpg
インパクトある社員旅行だった。

午前中は自由行動、夜も夕食後はフリー

二台のレンタカーは若いスタッフと乗り分け、行き先はナビにセットするから無理に一緒に着かなくてもいい。

ある程度フリータイムをもうけることによって好きなことができたのは良かった。

最後の日は11時半にホテルを発ち「アウトレットモールあしびな」にショッピングに行った。

わたしは迷わずアディダスのショップに行ってランニング用のTシャツを買った。

ほかにもいろいろ見渡したがとりあえずこれだけにしてレジに並んだ。

そしてここにも外国人・・・いやはや沖縄は凄いことになっていた。

ユニクロは中国の店舗数は現在362店と1年前から72店増やした。

良品計画の急成長の牽引役は中国事業で128店と前年から積極出店を進め27店舗増加した。

「もしも」というリスクはあるが安全な挑戦はない。

わたしたちは日本国内で想定内の仕事をしているが、この勢いを逃す手はないとしみじみと感じた。

そのような収穫大きい研修旅行だった。








FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず


スポンサーサイト
  1. 2015/07/11(土) 18:31:05|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ミルクロードにユウスゲが咲き始めた | ホーム | 沖縄へ社員旅行 其の二>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1486-13c2b994
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: