コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

内牧の穏やかなランチスポット

2015517ooDSC03137.jpg
今まで内牧温泉でランチしたのは、いまきん食堂、おーくら亭、キッチンクニ・・・とそんなもん。

今回、その存在すら知らなかった目から鱗の「大塚豆腐店の台所」に行ってきた。

場所は「はな阿蘇美」の近くで内牧に昔からある豆腐屋さんの食事処で宿の朝食のざる豆腐はこの店から毎日配達してもらっている。

昼だけの営業だが阿蘇に来て3年、知らなかった。

駐車場や門構えはざっくりしてるが、中に入るとカウンター席と個室があり、思わず「いいじゃない!」の第一印象。

のれんで仕切られた個室に入ると、ますます雰囲気良し、と感じる。

玄関の右側にも個室が数部屋あって、その裏は・・・







2015517ooDSC03140.jpg
ビリヤード付きの・・・







2015517ooDSC03139.jpg
BAR

「なぜここに」と、誰しも思うであろう、ちゃんとしたバーがあった。

営業は多くて週一。

本業が豆腐屋なので朝が早いからとそんな理由らしい。

もしかしたら自分部屋なのかも知れない。

理解に苦しむが、阿蘇にはそんな人が多い・・・





2015517ooDSC03150.jpg
メニュは豆腐御膳1230円のみ

阿蘇の地大豆と、阿蘇の水で作った豆腐料理の数々が並ぶ

濃厚な自家製豆乳はさすが豆腐屋、ざる豆腐は何もかけないで素でいただく

小鉢は今が旬の蕗で阿蘇の自生物、生揚げはオーダーがあってから揚げての絶品

味噌汁はダシに目を奪われた、具材は自家製豆腐・油揚げ・にがり水、それに湯葉が最高に旨かった

上品に盛られたご飯は五穀米、デザートは豆乳プリン

当然ながら爽やかな食後感に浸れる






22015517ooDSC03143.jpg
「体にいい食事だったな」という感想。

肉やボリュームのある料理は夜に、昼は軽くと言う選択視の方にはおすすめの店。






2015517oo_DSC0960.jpg
パラボラジャージは福岡からお越しのSさん夫妻

早朝ライドはひとりで、奥さんは車でドライブがてら峠で待ち合わせて回収という選択

チェックアウト後は車は置いて二人で阿蘇神社方面をサイクリング

オルモ・コッピアでランチをして宿に到着、風呂で汗を流して阿蘇一泊二泊の旅の終了。

帰りには車で坊中線で阿蘇へ、吉田線で南阿蘇に出たら久木野のモンベルに寄ってという予定。

冬の阿蘇のリベンジでお越しの徳島のOさん夫妻は出発に間にあわず見送ることができなかった。

いい季節になったのでご夫妻でお越しの方が多くなってきた。

「人生というハイウェイでは、追い越し車線だけをひたすら走り続けることはできない」とは誰かの言葉

ときにはピットインも必要

故障を予防するため、走るのを一旦やめてメンテナンスも必要だし、壊れたら修理も必要

無理してそのまま走っているといずれ止まってしまう。

頑強なM10もメンテナンスはかかせない。

.それに負けないよう駆けるわたしもちょっとメンテナンス&リカバリー

よって阿蘇望は見送ることにした。

今後の予定は、英彦山ともうひとつくらい出て、沖縄を目標にしたい。






FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず ---

スポンサーサイト
  1. 2015/05/17(日) 15:46:07|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小野田君は阿蘇を走るのか? | ホーム | 夏は林道>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1464-4a77564b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: