コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

Entries

寒に打たれる

2015201yukiDSC02476.jpg
自転車の日は着替えるときにベランダに出て空模様と外気温を確かめる。

この日は曇りでそんなに寒くはなかった。天気予報でも曇り時々晴れと言っていた。

ならば何ヶ月振りになるだろうか、菊池渓谷を通って北山展望所へ続く王道の阿蘇への定番コースを走ることにした。

標高60mの我が家から標高940mの北山展望所まで25キロ、

2箇所だけ少し下りがあるがあとは上りが延々と続く雪に閉ざされる厳冬期以外愉しめる阿蘇への道だ。

特に渓谷麓の念仏橋から阿蘇くじゅう国立公園の原生林を抜けるまでの12キロは野鳥の声が心地よい。

森を抜けたら草原の景色となり、北山展望所に着くと眼下に広がる阿蘇平野と聳える阿蘇五岳は何度来ても飽く事は無い。



家を出て重味付近に来たら何かが顔に当る。阿蘇山のヨナなら拙いと思っていたら小さな雪だった。

雪ならこの先は厳しいので引き返そうかと思ったが、念のため天気予報をネットで見ると曇りだが雨雲はなさそう、

鉛色の雲は気になるが予定通りそのまま進み12月から4月の山開きまで冬季クローズ中の菊池渓谷の遊歩道に立ち寄る。






2015201yukiDSC02477.jpg





2015201yukiDSC02483.jpg





2015201yukiDSC02480.jpg
カメラを持った人が数人、売店や管理小屋は閉まっているがトイレは照明もついて休憩するにはいい。

遊歩道はアスファルトだが中央の色がついているところはゴルフ場にあるフカフカしたものでビンディングシューズには最適

この道はかぶと岩展望所まで続いているので、年間通していろいろ方法で集客に使えそう、

特に冬季、寝かせているのはもったいない。






2015201yukiDSC02484.jpg
深葉の集落から完全な雪景色となる。

道路にはサラサラと降ってきたあられと見間違うような凍結防止剤がまかれている。

路側帯まで路面清掃車で除雪してあり自転車で走るには何の問題もない。





2015201yukiDSC02487.jpg
北山展望所到着。

気温はマイナス2度、走り出したらマイナス3度に変わった。

強風が冷たく身体の芯まで身震いするほど寒い。

それでも我慢して走るが手の感覚が消えてゆく。




2015201yukiDSC02489.jpg
二重の峠を下る予定だったが寒さに耐え切れず早く下に行きたい。

そこで掟破りのラピュタを下る。

寒さブレーキができないほど両手が痺れ、途中何度か止まって感覚が消えた手を暖める。

麓に降りたら雪が本格的に降り出して前が見えないほど・・・

よほど内牧に避難しようかと思ったが予備のウィンドブレーカーを着込み予定通り進む。

赤水から旧道を通り東海大学の横を抜けて栃の木温泉まで来ると「遭難」から脱出、

大津町の運動公園の前を通り57号を横断し旭志経由で帰った。





2015201yuki_DSC0642.jpg
苦しい時、「帰ったら何をするか」、このことを考えるのが何よりの励みとなる。

この日の愉しみは温泉で温まったあと、炬燵に首まで入って遭難ものの本を読むことだ。

ものさしは違うがちょっとでも冬山の厳しさを知ると余計にリアル感が増す。

遭難を材にとった全十編の希少な山岳短編集はおすすめだ。




2015201yukiIMG_0403.jpg
もうひとつの愉しみが居酒屋。

今夜は家内と娘と三人で焼き鳥専門店「是空」で乾杯。

太田和彦さん著「居酒屋を極める」から学んだ楽しみ方を実践、価値ある本だと再認識した。

いつもは1軒で終わるところを太田風にちょっと抑えて2軒目に。






2015201yukiIMG_0406.jpg
餃子が美味しい「柳宝亭」へ

ご主人との懐かしい会話も愉しかった。

寒すぎたことはすっかり忘れて三人笑顔で幸せに浸った。

遊びも頑張ればいいことがある。

そんな好循環の日々をこれからも通し築きたいものである。






FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---

スポンサーサイト

*Comment

1008さん 

こんにちは、この日ラピュタ上って外輪山を走られていたんですね、

お会いできず残念でした!

この時期に阿蘇で自転車乗りはまず見かけませんね。

阿蘇に来て3年を過ぎましたが、寒いです。

慣れません。

暑さには強いんですが寒いのはもともと駄目、

それに晴れてないとテンションも下がります。

よってこの日は最悪でした。
  • posted by コルナゴ部長 
  • URL 
  • 2015.02/02 11:18分 
  • [Edit]

寒かったですね。 

初めまして。
こちらはラピュタを登り、小国に行ったのですが、時間がずれていたようですね。
この時期、阿蘇を走っている自転車はほとんど見かける事が無く、少し寂しかったのですが、このブログを見て、元気が出ました。
最近では阿蘇の寒さも、随分と慣れて来たような気がします。
  • posted by 1008 
  • URL 
  • 2015.02/01 20:34分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1418-8ba7116d

左サイドMenu

プロフィール

コルナゴ部長

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム