コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

沖縄の感動、まだまだ冷めやらぬ・・・・

20141118jiDSC02107.jpg
出そうで出ない雲海、

こんなモドキは毎朝だが、阿蘇平野が一面雲に覆われる本物の雲海はこの3週間現れていない。

毎朝8時30分、北山展望所の信号を過ぎ阿蘇平野が見える瞬間、ほかの事を考えていてもいつもワクワクと期待するが、

今日も駄目、ぼんやりした薄霧・・・

この時間、昨日はミルクロードで、今朝は深葉の集落の手前で一人ロードバイクで走っている人を見かけた。

「誰・・・知り合いか・・・?」

と、ハザードつけ車のスピードを緩めて覗き込むのもこの道を通りだして楽しみのひとつとなった。

わたしとってはすでに雄大な阿蘇の風景となっている。







20141118jiDSC02108.jpg
今朝の新聞

ツール・ド・おきなわの時、知事選の真最中で那覇市内では選挙カーをよく見かけた。

基地問題についてサイクリングにご一緒した地元の人の声を聞くと新聞報道がすべてではないと驚いたこともあった。

よく写真に出てくるこのアングルは、







20141118jiDSC02075.jpg
サイクリングの帰りに寄ったオスプレイを見るならここと案内してもらった普天間基地を見下ろす「嘉数高台」(かかずたかだい)







20141118okinawa4.jpg
報道される写真は嘉数高台か嘉手納の道の駅が多くテレビや新聞で見るものと変わりはしなかったが、

広大な米軍基地を働く場とする想像を越える地元の人、それと米軍兵を対象に成り立つ商売はここに来ないと判らない。

市街地上空でF-15戦闘機が飛び立ち、うなりをあげ旋回するさまは、

首を左向けたら一気に右に向けないと追えない低空でのスピード感とその轟音もここまで足を運ばないと判らない。

これが日常であること、それが沖縄だった。







20141118okinawa3.jpg
嘉手納までサイクリングにお付き合いしてもらったmee-chi さんいただいた写真

沖縄の人は明るい性格の人が多くて撮られる側のポーズを求めるのも派手

実に面白い写真となる。







20141118jiDSC02045.jpg
撮る側も普通じゃない。







2014,1118okinawa5.jpg
初日の国頭村まで海岸線の自走と民宿での沖縄のメンバーとの再会

レース当日緊張をやわらげてくれるユンタクと島酒で乾杯する派手は打ち上げ

最終日初めて合うメンバーとのサイクリング

いずれも当地の人に飛び込んでの交流が感動を生む。

それは自転車があればこそできること

「一度走ればお友達」の定説は間違いない。






FLUCTUAT NEC MERGITUR  --- 漂えど沈まず ---


スポンサーサイト
  1. 2014/11/18(火) 17:32:45|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<女性の時代 | ホーム | 2014ツール・ド・おきなわ最終編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1388-2a30a32c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: