コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

2014ツール・ドおきなわ 其の一

2014oknIMG_0531.jpg
2014ツール・ド・おきなわ市民レース100km オーバー40のスタート2分前

雨模様のこのレースに、携帯を持って行くなんて、随分と悩んだ。

なので貴重な一枚。

そして、この場に立てただけでも感動の瞬間でもあった。

直前になってなぜかアンダー39とスタートの順番が逆になった。

5箇所の関門の時間は決まっているからますます不利・・・・

そう思いながら恨めしく302名のアンダー39が9時51分にスタート

続いて301名のオーバー40が予定より18分も遅く10時にスタート、

いきなりのヤンバルの坂

10分もしないうちに目の前で落車、二人がアスファルトに叩きつけられ「ドスン」と肉の塊の音

そしてヘルメットの割れるような衝撃音がして顔が歪んだ人の横を通過する。

よくある光景。

今回の目標は4時間内にゴールすること。

そのためには平均時速25キロで最初から飛ばさず前半関門二つはギリギリでもいい

足をぜったい攣らないよう後半勝負で最後の川上の関門13時50分切りを目指す。

やむなく足が攣ってもそのまま走り耐える、耐え続ける。

しかし、今回の18分のハンディを考えると攣ったら終わりだろう。

水分は最初から忘れず十分に取り、ジェルは25キロごと、固形食は50キロ時点の気分転換に

メイタンのジェルは専用ボトルに少し水で薄めて2袋分用意し少しづつ補給する。

精神的には「俺は坂が強くて、後半は実力以上の力が出る」と暗示をかけ迷いを打ち消した。

結果はすべてがうまくいった。

落車が多く危険なコーナーでは必ず倒れている人がおり、もらい落車を避けるためにも遅くなるが下りは単独にした

軽いギアで回したのは足攣り防止になった。

4番目の関門、83.3キロ地点の安部は13時3分で22分の貯金があった。

しかし、最後の川上関門までが足が攣る寸前だったため減速してしまい、

足切りタイムの13時50分をわずか3分だけという際どい時間だった。

国道入り口正面に赤白の旗を持った人がいた。

今年は時間が読めているので安心はしたが「もしや」という一抹の不安はあった。

でもテントの前では拍手だったので間違いはないと思ってはいた。

白旗で左を指されて国道に出た。

完走だ!

思わず「やったぞ!」と声を出した。

ここからは目標時間の4時間切りだがイオン坂でまたもや足が攣りそうになって力を少し弱めた。

坂の終わりでは外人が顔を歪めてフラフラと走っていた、足が攣ったんだな。

坂が終わると追い風のやや下り、封鎖した片側2車線といいい信号も黄色の点滅といい飛ばすしかない。

足は大丈夫問題ない、沿道の声、4時間切りにあと8分、これ以上の花道はない。

目いっぱいペダルを回す。アンダー39の選手を次々抜き去る。

ゴールのアーチが見えてきた、

懸命に走る。あと2分、あと1分、あと40秒、すべての力を出し切れ!・・・・・

ゴール!

サイコン上は・・・・・4時間04秒!

もしかしたら正式タイムでは4時間切れたかもしれない。

期待に胸膨らみ自転車から降りた。

ツール・ド・おきなわ100キロ完走した。



市民レース100kmオーバー40正式リザルトによると

145位 4:00:11.157 平均時速24.98km/hだった。

エントリー数301名 完走160名 DNS141名で完走率53%という厳しいものだった。
(ちなみに18分先にスタートしたアンダー39の完走率は68.8%)

満足の記録だった。

家族と応援していただいたみなさんに心より感謝したい。






2014oknDSC01988.jpg
血眼な形相で走るばかりが「ツール・ド・おきなわ」ではない。

名護で受付を済ませ、レンタカーを置き、

そこから自走で35キロ先の国頭村の宿まで海沿いの国道をサイクリングする初日も楽しみのひとつ。

沖縄の沈む夕日を見ながらだよ、

笑うしかないよね。






2014oknDSC02068.jpg
大会翌日はキッズメンバーとのサイクリングも楽しみだね。

そのときの状況で距離やコースを決めてとびっきりのところへ案内してくれる。

地元おすすめのランチもうれしいね。

それに沖縄の人は愉快でまさに南国気分になれるよ。

来年なんて言わずにすぐに行きたいね、

楽しまなきゃ損だよ、沖縄。

続きはまた後日だね。







FLUCTUAT NEC MERGITUR  --- 漂えど沈まず ---


スポンサーサイト
  1. 2014/11/11(火) 16:58:22|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<2014 ツール・ド・おきなわ 其の二 | ホーム | 頑張るということ>>

コメント

nupuriさん

阿蘇合宿は練習方法がたいへん勉強になりました。
それと攣っても足を回し続けるという教えも支えになりました。
来年出れるとしたらやはり100kですね。
十分すぎます!
  1. 2014/11/13(木) 18:56:29 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

おめでとうございます

ちゃくちゃくと強くなっていますね。
阿蘇合宿も少しは役にたったでしょうか。
来年はさらに上を目指せますね。140kmに挑戦とか(^^)
  1. 2014/11/13(木) 12:17:21 |
  2. URL |
  3. nupuri #lHI8H0U6
  4. [ 編集 ]

A吉さん

沖縄いいですよ。
レースもサイクリングも人も!

半年掛けて体を作って準備する大会なんてないですからね。
来年もスタートラインに立てるよう今のところはそう思っています。

A吉さんも心は決まっているご様子、50位以内を目指してください。
  1. 2014/11/12(水) 10:24:57 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

NoTitle

お疲れさまです!
そして完走おめでとうございます(^^)
沖縄いいですねぇ~
続き、楽しみにしてます!
  1. 2014/11/11(火) 21:30:55 |
  2. URL |
  3. A吉 #AkWN2dAg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1384-59ef81fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: