コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

期待胸膨らむ・・・

20141105hh_DSC0385.jpg
一日置きだが、朝1時間走るのも、いよいよ明日と沖縄へ行く明後日までとなった。

山から帰って風呂に入り、部屋で一息いれながら窓を見ると、今の季節はまだ日の出前、

真っ暗から明るくなり始める頃、雲は不気味な鉛色で、さも雨が降りそうな気配を見せる。

「変な天気だな、今日は雨か・・・走って良かった」

・・・と思いきや

だんだんと明るくなるにつれ、薄暗い雲の背景が青空になり、いつもと変わらない秋晴れとなる。

そんな寝てたら知らず仕舞いの自然の移り変りを見るのも目標を失うと終わりそうだが

極寒以外はもう少しペースを落としてでも続けようと思う。

なにせ朝走ったあとの得した気分はすごく気持ちいいから。

だろう、狩尾峠のカーブミラーの君!






20141105hh_DSC0382.jpg
前職の頃から沖縄から単身赴任で福岡にいたチームキッズのがんパパさんと何度か阿蘇を一緒に走ったことがあった。昨年7月、がんパパさんが仲介となりキッズオーナー大城店長ほかチームメンバーのみなさんが阿蘇にお越しになりサイクリングの案内をした。そこで盛り上がった「ツール・ド・おきなわ」のお誘いに甘え、わたしには壁が高過ぎたこの大会にエントリーすることができた。以後、頭の片隅にはおきなわ100km完走の思いが常にあり、年間通した目標となっている。







20141105hh_DSC0379.jpg
がんパパさんは市民50キロに毎回エントリーしており昨年はOV40で16位、今年も上位入賞を狙い朝連・チーム連をされていたが先週落車され最悪棄権になるかも知れないことになった。たいへん残念だが手首を傷めただけが何よりの幸運と思うしかない。

昨年はがんパパさんから大会翌日にサイクリングの案内をしていただき、南部戦跡巡りという貴重な体験をすることができた。今年も一緒にとメールでやり取りしていたがこの事故のため乗るのは無理であり、ならば単独走でもと昨年走ったコースをガーミンで探していたところ、キッズメンバーが案内してくれるとの吉報があった。昨年一緒に走ったサルトさんは朝一で帰京される。ということは、今年はたかがひとりのためにと思うと申し訳なくて仕方ないが今年も甘えさせていただこう。そして、また新たな自転車仲間が出来て何かの恩返しをしたいものだと思っている。





20141105hh_DSC0380.jpg
沖縄入りの8日  60% 27/22

夢見る大会の日 50% 26/22

サイクリングの日 40% 26/22

以上雨の予報と気温・・・・





20141106hhDSC01938.jpg
とりあえずスタートラインに立てることだけを考えよう。

あとはどうにかなる。

どんなに辛いことも楽しいことも始まれば終わる。

楽しまなくては損、キッズのみなさんとの再会、ヤンバルの森、ノグチゲラ、オオシマゼミ・・・・

うまくいっているときが一番の危機、このくらいの前兆がちょうどいい。





FLUCTUAT NEC MERGITUR  --- 漂えど沈まず ---

スポンサーサイト
  1. 2014/11/06(木) 19:01:15|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<頑張るということ | ホーム | 天草エアライン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1382-3b30ba66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: