コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

天草エアライン

20141029jjDSC01855.jpg
ボンバルディア社製の39人乗りプロペラ機、わずか1機で頑張っている地域航空会社が天草空港を拠点に運航する天草エアラインだ。テレビではそのユニークな経営方針が放送されており、先日、天草へ行ったついでに寄ってみた。





20141029jjDSC01864.jpg
以下「東洋経済オンライン」より引用

「社員56名(うちパイロット8名、客室乗務員5名)は、さまざまな業務を兼務する。たとえば、空港のグランドスタッフは自社便が出発する時間帯にはカウンター業務、到着時には預け手荷物の運搬やお客様への引き渡し業務、それ以外の時間帯は予約センターの電話応対などの業務を行う。
実際に乗ってみると、飛行機でありながら、ローカル線の列車に近い機内の雰囲気が味わえる。とにかく客室乗務員が明るく、気軽に話しかけてくれるのだ。記念撮影も喜んで受けてくれるほか、シートポケットには同社の客室乗務員全員のプロフィール紹介が入っている。利用者と航空会社の距離が近いのが、同社の特徴である。」





20141029jjDSC01857.jpg
では2階の展望室へ

フェンスのこの心遣いがニクイ。


20141029jjDSC01865.jpg
飛行機が着陸するとすぐさまスタッフが滑走路の隅に待機




20141029jjDSC01868.jpg
駐機位置に止まると一斉にスタッフが駆け寄る。

燃料補給の車と荷物を運ぶ車、タラップは人力で移動し、乗客が滑走路を移動するロープを張る。




lp20141019jjDSC01870.jpg
右端が天草エアラインの社長さん、

自ら出迎えをされる。

安全を確認し乗客19名が降りる。

この間に客室乗務員1名は機内清掃。




20141029jjDSC01874.jpg
新たな客室乗務員が乗り込み

最後にパイロット2名が入れ替わる

チーフパイロットは機体のチェック。




20141029jjDSC01878.jpg
乗客16名が乗り込んだら社長以下スタッフが並んで見送り。




20141029jjDSC01881.jpg
15時10分到着し15時35分前には飛び立った。




20141029jjDSC01883.jpg
ロビーに下りるとカウンターはCLOSEDに

少ない人数での徹底したサービスと省エネは立派。

天草エアラインのマルチタスクは必見の価値あり。




FLUCTUAT NEC MERGITUR  --- 漂えど沈まず ---


スポンサーサイト
  1. 2014/11/04(火) 15:27:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<期待胸膨らむ・・・ | ホーム | 来るなよヌーリ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1381-7a5b14df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: