コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

叫びながらの歓喜の走り

20141018op_DSC0306.jpg
スカイライン展望所付近の野焼きされず雑木林となっているところを

草原にするため雑木を切る作業がここ数日行われている。

見たところ付近の住民の方ではなく請け負った業者の方のようだ。

年々減ってゆく阿蘇の草原、

国内の肥育牛の頭数が5年前に比べ12%の減少率になっており

阿蘇の繁殖農家、肥育農家も同じように減っている。

それにより牛の飼料になる草原を育む野焼きをする人手も足りなくなり面積が縮小している。

野焼きは昔から区割りされており、そこの住民が行うのが慣わしだが、

農業従事者の減少と過疎化・高齢化の影響が大きい。

そこで草原再生の運動により、野焼きのボランティアを募集したり、寄付を募りこういった地道な作業が行われ

草原の維持が瀬戸際で続けられている。






20141018op2DSC01835.jpg
阿蘇の雄大な景色をの中をロードバイクで走りに訪れた和歌山のMさん

仕事で熊本入りし市内で一泊

輪行に必要な物以外宅配便で送り身軽になったところで熊本駅からJRで赤水駅へ

駅からバイクを組んで阿蘇平野を横断する8m道路の一直線を走り内牧の「いまきん食堂」であか牛丼で早めのランチ。

まずは味覚で阿蘇を堪能されたところで悠々と宿に来られた。

リュックを預かり、コースを説明、

ラピュタ、マゼノミステリーロード、満願寺温泉、草原の道、ミルクロード、212号で帰ってくる外輪山定番コース60キロ。

だからこの笑顔!





20141018poDSC01827.jpg
翌朝は教えを守り、早朝ラピュタの28キロ。

日の出のラピュタの展望スポットにはびっくりするほどの人で景色以上に驚いたそうだ。

そこからミルクロードを気持ちの良さのあまり、

最初は草原の道だったそうだが、2度目となる体の中から湧き立つ、「叫びながらの歓喜の走り」をされたそうだ。

宿に帰ると、みなぎる達成感と至極の温泉、それに炊きたての阿蘇の新米という男44にして初体験に満たされたそうだ。





20141018op_DSC0315.jpg
最低でもあと一泊の様子だったが次回は必ずと宿を後にされた。

帰りは阿蘇駅のロッカーにリュックを預け、箱石峠・吉田線・阿蘇火口・坊中線の54キロで阿蘇山を手中にされる。

阿蘇駅に帰ったら隣の夢の湯で汗を流し、さっぱりしたところで缶ビールを「プシュ」と列車の旅で帰られる予定だ。

宿を発たれるとき握手して別れた。

たった2日間なのに昔ながらの友達のような気持ちになった。




20141018po_L8A0033.jpg
蘇山郷写真室より

今夜はきっとご家族の方へ機関銃のような自慢話をされることだろう。

わたしも乾杯!





FLUCTUAT NEC MERGITUR  --- 漂えど沈まず ---


スポンサーサイト
  1. 2014/10/18(土) 16:34:00|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<澄んだ心 | ホーム | 久し振りの雲海>>

コメント

和歌山のMさん

絶好の天候に恵まれて、

走る・見る・浸る・食べる・眠る、という阿蘇旅と、

カルキフーズさんでの、あか牛?馬刺し?

の阿蘇土産の想い出の締めくくりは何よりでしたね。

次回の挑戦お待ちしていますよ。

また遊びに来てください!

  1. 2014/10/20(月) 12:14:28 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

お世話になりました

和歌山のMです。本当にお世話になりました。昨日は日が変わるころに自宅に到着し、この2日間の濃密な阿蘇での時間を思い返しつつ泥のように眠りました。阿蘇山火口へはガスのため行けませんでしたが、阿蘇駅へのダウンヒルで見える外輪山も非常に印象的でした。帰り際にはカルキフーズでお土産をお願いし、その際店長さんからはコーヒーまでごちそうになり短い会話を楽しみました。本当に期待を超える旅になりました。また歓喜の走りを楽しみに阿蘇を訪問しますね。そのときはよろしくお願いします!
  1. 2014/10/19(日) 17:27:28 |
  2. URL |
  3. 和歌山のM #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1374-8943c7d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: