コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

久し振りの雲海

20141016uki_DSC0304.jpg
8時30分のスカイライン展望所、

すでに消えかかり、切れ切れになっているが久し振りの雲海だ。




20141016ukiDSC01831.jpg
ミルクロードから内牧側へ212号を少し下った展望所

あと1時間早ければこの当たりが青空と雲との境界線になる。




20141016ukiDSC01830.jpg
濃霧の下界を上ると青空のラピュタに出てミルクロードを走る早朝サイクリングの愉しみの最後がここの下りだ。

雲海のときはこの当たりから雲の中に突入し濃霧の内牧へ帰ることになる。

自分の足で雲の中を行ったり来たり、感動の瞬間は28キロも続く。




20141016ukiDSC01828.jpg
しかし、宿に泊まる方でこの体験が出来た人は年に10人もいない。






20141016uki_L8A9839.jpg
蘇山郷写真室より

ミルクロードは外輪山の稜線を沿うように走る。

ちょうど窓の中央当たりがかぶと岩展望所、

朝走った形跡を夕刻見上げるのもいい。

ここは階段で上がる3階客室で自転車の方にはおすすめの部屋、

利用の際に「明星」もしくは「若葉」を希望されたらいい。

こういう景色を眺めたら、

明日の朝も早起きして行くしかないな、

と、思わずにはいられないはず。

朝、濃い霧だったら雲海は間違いない。





FLUCTUAT NEC MERGITUR  --- 漂えど沈まず ---

スポンサーサイト
  1. 2014/10/16(木) 15:57:22|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<叫びながらの歓喜の走り | ホーム | 温泉の季節>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1373-77163c92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: