コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

わたしの企業理念

2014106_DSC0269.jpg
もしも世界が日本の街づくりのまねをしたら? 
東洋文化研究者のアレックス・カー氏がそんな発想で合成写真を作り著書に掲載しているという日経新聞のコラム。

「例えばイタリアのベネチアでは小舟が行き交う運河が埋め立てられ4車線道路になり、標識や看板が並ぶ・・・荘厳な寺院の前に大型バスがずらり。伝統建築の一部も駐車場に。街角の彫像を「禁煙」 「登らないでください」などの注意書きが囲む。現実の日本で、観光地や歴史ある街の多くが、まさにこの写真通りのことをしている。

地方創生の名のもとに、人口維持や観光客誘致などに向けて、これからさまざまな手が打たれることになりそうだ。自分たちの住む街や地域の魅力を高めるために、本当に効果のあることは何か。用心深く吟味しないと、つぎ込むお金が無駄になるだけでなく、景観や歴史など、すでに持っている街の資産を壊しかねない。

観光振興のノウハウは世界で進化しており、日本は後れをとっている。予算を使うなら、新しい施設より建物の再生や景観を損なうものの撤去に使うべきだ・・・」





2014105gv_DSC0260.jpg
地域の魅力を高めるものとして身近な狩尾峠、ラピュタがまさしくそのような危機に直面している。狭い峠道に集まる観光客により、本来この道の使途である牧草を刈り取る農耕車両の通行の妨げと、狭い危険な道ゆえ脱輪等の事故が多発していることに対して、とりあえず当たり障りないような看板で回避し、その場が沈静もしくは風化するのを待つ・・・・
ここを取り扱う責任者がいないから具体策は示されない。というより、いまのところどう観光に生かすかを話し合うテーブルがない。

阿蘇市の基本理念とは、「緑いきづく火の神の里」とあり、阿蘇市の魅力と活気あふれる繁栄発展を表現しているというが標語であり理念ではない。今の時代だからこそ将来を見つめる市民に届くようなメッセージが必要ではないか。

「多くの会社には企業理念があり、経営者らの事業に込める強い思いが表現される。ユニクロは、「服を変え、常識を変え、世界を変えてゆく」 まさしくその理念を追求し現実の姿にしている。02年にローソン社長に就任した新浪氏は「私たちは”みんなと暮らす街”を幸せにします」と理念を掲げ、生鮮コンビニや駅ナカコンビニなど地域のニーズをとらえた独自戦略をいち早く展開し、増収総益を続けた。労働集約的な小売業では理念が従業員らの腹に落ちれば力になる。」 (日経 田中陽氏 経営の視点より一部引用)





2014105vg_DSC0268.jpg
埼玉からお越しのYさん、ラピュタ&ミルクロードを走り箱石峠に吉田線、坊中のダウンヒルで阿蘇を堪能された。夜はひとり酒場放浪記と洒落込み「居酒屋七福人」で内牧の夜を愉しまれたようだ。翌日は残念ながら雨。そういうことも承知の大人旅だから早々に切り替え阿蘇駅より発たれた。今回は下見を兼ねて仕事の合間に来られたが、阿蘇の位置図と楽しみ方が頭に入ったところで再度お越しになる決意のメッセージもいただいた。「次の旅」に向かうみなさんのチャレンジにお手伝いができることは実に嬉しいことだし、満面の笑顔にさせ、達成感に浸たる貴方たちの型どおりではない出来栄えを見ることが、最近どうも趣味のひとつになってきた。






FLUCTUAT NEC MERGITUR  --- 漂えど沈まず ---

スポンサーサイト
  1. 2014/10/06(月) 19:25:38|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<最後まで全力で走るためには | ホーム | またひとり、またふたり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1369-f2053399
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: