コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

Entries

またひとり、またふたり

20141003km_DSC0240.jpg
神戸より写真好きのブロンプトン乗りのシニアのお二人が来られた。

荷物が事前に宅配で送られてきたが中身は三脚などカメラの道具・・・・・



熊本空港からJRで阿蘇駅へお越しになりレンタカーを借りて宿へ到着、

早速お話を聞くと車移動の撮影が主で自転車は平地のみ、

それもそのはず、カメラバッグの中からは高級一眼レフがゾロゾロと・・・・

当日はそれほどでもなかったが天気が思わしくないということでブロンプトンは終日車の中、

明日、車をかぶと岩展望所に置いてミルクロードをサイクリングの予定となった。


ライカは自転車乗ったとき用とのこと

ちょっとさわらさせてもらったが、わたしの経験でのコンデジとはまったく異質の操作感と精巧な金属の塊

これがライカかとちょっと危険な感動だった。






2014103km_DSC0245.jpg
カメラに関する貴重なお話を聞かせていただいた。

カメラの性能や撮影技術もあるが、

自分の好きな被写体を好みの物語に写すことがカメラ遊びの秘訣ではという結論、まさしくである。


翌朝宿に着いたときはすでに発たれたあとだったが、

日の出のラピュタや朝陽に輝く鍋が滝はいい具合に撮れただろうか

仲の良い先輩後輩の茶化しあう笑顔が見えてきそうだ。






2014103kn_DSC0254.jpg
横浜からお越しのYさん、しまなみ街道を走ってフェリーで別府入りし、1泊ののち国道をして自走お越しになった。

体つきを一目見てかなり走れる方のよう

スプロケ見ると12-23Tで阿蘇の峠を走られるというからわが目も肥えてきたと納得。

13時には宿に着かれたのでコースの打ち合わせをして定番の、かつ念願のラピュタ&ミルクロードを走られた。

明日はこれも定番、早朝ラピュタで日の出見て、朝もやのミルクロードを突っ走る王道の哲学の路。

標高960m、風を突き破ると聞こえてくる主題歌に叫んでもらおう。

オーディエンスは朝露にたたずむススキ!

孤高のライヴステージを愉しんでもらおうじゃないか。






FLUCTUAT NEC MERGITUR  --- 漂えど沈まず ---


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1368-233f8045

左サイドMenu

プロフィール

コルナゴ部長

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム