コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

第24回 英彦山サイクルタイムトライアル

2014922lp_DSC0084.jpg
第24回大会となる英彦山サイクルタイムトライアルレースを主催するのは福岡県田川郡の添田町、面積132k㎡人口10156人の山間部にある小さなこの町がどうして24回も大会を継続してできるのか不思議であり、町興しにサイクルスポーツをと考えている市町村にはいいお手本になるだろう。今回のエントリー者数は592名だったが、この町で運営できるマックスを600名に設定されており、そのへんの慎重さもよく考えられていることだと思う。





2014922lp_DSC0082.jpg
わたしは今回が4回目のエントリーで過去の成績は

2011年 55分39秒
2012年 59分20秒
2013年 55分49秒

今回は50分切りを目指し、何事にも影響無いよう天秤にかざしささやかな出勤前の練習を続けてきたが

さて、





2014922lp_DSC0083.jpg
最後の5キロの上りが勝負、体力と気力のそれぞれの限界まで等しく到達できるか。

だいたいどっちかがやられて、力萎んでしまい減速してしまうが

今回はすべてを出し切りれば良しとゴールに立った。

45歳~59歳のCクラス184名/実走は165名で定刻にスタート

5人並びの3番目だったので2キロくらいは集団の後方にいたがズルズルと落ちてゆく

抜かれる際に顔見知りの方や一度お会いした方、それに知らない方からも声を掛けていただきたいへん力になった。

下り坂から平坦路になり順調なペースで最後の5キロの上り坂に挑む。







2014922lp_DSC0087.jpg
旦那さんは見間違う程に体をしぼって47分台でゴール




2014922lp_DSC0089.jpg
同じ年のA吉さんも50分切りを目指されていた。

最後の上りで追い越されたときは凄い勢いで付いて行けるスピードではなかった。

今回は気合十分で楽々と目標達成された。





2014922lp_DSC0115.jpg
菊池の自遊亭ご主人は会場で会いびっくり

昨年、初めて挑まれたがヒルクライムの苦痛だけを味わい今回はエントリー無いと思っていたが

偉い!

帰りには今年も店用の小石原焼の器を買いに行かれたようだ。






2014922lp_DSC0111.jpg
ワッキーさんは12キロのダイエットで挑まれ目標の60分切りは軽々とクリアされた。





2014922lp2_DSC0112.jpg
カルマさんも減量で挑まれた

英彦山らしいいい表情してますね、来年はゴール付近で奥さんとさくらちゃんに応援してもらいましょう!




2014922lp_DSC0091.jpg
「あとゴールまで3km」の看板までは長かったがそんなには疲れず順調なペースだった

しかし、「あとゴールまで1km」の看板を見て顔が歪んだ

あと1km・・・・・ そうなんだけど、その時は許せない時間と距離の感覚だった

「あんなに走ってまだイチキロも?」




2014922lp_DSC0092.jpg
あとで知ったが路上にはわたしの名前も書かれ応援のメッセージもあったが気付く余裕もなし




2014922lp_DSC0105.jpg
しかし、多くの方の応援には助けられ、気が失せずにペダルを回すことができた

どこかで力を弱めようというする自分が隠せた。




2014922lp_DSC0094.jpg





2014922lp_DSC0095.jpg





2014922lp_DSC0099.jpg





2014922lp_DSC0101.jpg





2014922lp_DSC0104.jpg





2014911lp_DSC0110.jpg
よだれ、鼻水にまみれたサバ目の、ヤギ目の私。


今朝の新聞にマラソンの記事があって苦痛に立ち向かう同じスポーツとして読んだ。
『マラソンがゲームであり、「ごっこ」であると考えると、レース中の精神管理の仕方が変わってくる。マラソンは自分をいじめ、追い込み、その苦境から脱する「ごっこ」ということだ。自ら創造した鬼を退治する。

だから、苦難に襲われたら、こう考えればいい。「そらきたぞ、バーチャルな敵が。どう戦う?こいつをやっつけて、次のフェーズに進めばいいんでしょ」こんなふうに考えていくと、腿に張りが出ても、腰が落ちてきても、上り坂が嫌になっても、うまく対処してゴールを目指せる。マラソンとは生死を賭けた戦いなどではなく、そうやって遊ぶものだろう。

たぶん、苦しむ自分を別の自分が離れたところから見つめるような感覚を持てるようになるとマラソンはうまくいく。人生もそういうものかも知れない。』



人生もそういうものかも知れない。

52分27秒。

目標には届かなかったが、来年も「ごっこ」遊びに浸れそうな微妙な達成感、チラリズムの欲。

次は「マーヴェラス!」と自分を称える自分が見え隠れする。

「なあ、コルナゴ部長!」




FLUCTUAT NEC MERGITUR  --- 漂えど沈まず ---


スポンサーサイト
  1. 2014/09/22(月) 18:26:19|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<懐かしい店を残したい | ホーム | 冬の気配が見えてきたら>>

コメント

A吉さん

おめでとうございました。
それにしても凄い勢いでのラストスパートでしたね。
家内も後姿しか撮れなかったと言っておりました。

また機会がありましたらご一緒しましょう。
来年はもちろん沖縄ですね!
  1. 2014/09/25(木) 09:50:24 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

NoTitle

お疲れさまでした!
とりあえず目標は達成ですが、旦那には完敗でした。
来年に向けての新たな目標ができました(笑
また来年がんばりましょう!

それから、奥様にはスタート前に声かけて頂いたうえに写真まで撮っていただいてありがとうございます。
よろしくお伝えください(^^)
  1. 2014/09/24(水) 22:13:56 |
  2. URL |
  3. A吉 #AkWN2dAg
  4. [ 編集 ]

ワッキー さん

最初にお会いしたときには別人かとびっくりしました。

自転車旦那さんもそうですが、

この大会への意気込みを感じましたね。

それに結果もしっかり残されて、

もうひとりの自分に出会われたのではないかと思います。

また、どこかの大会やサイクリングでご一緒しましょう!
  1. 2014/09/23(火) 15:48:54 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

お疲れさまでした

部長、お疲れさまでした
私も今年で3年連続参加です
とても苦しいヒルクライムですが、ゴールした時の達成感はあそこでしか味わう事が出来ないですね
やっはり私にとって英彦山は特別です

奥様にも声をかけて頂きありがとうございました
よろしくお伝え下さい
  1. 2014/09/23(火) 12:42:34 |
  2. URL |
  3. ワッキー #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1363-575010a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: