コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

人生折り返しの自転車旅

2014806matu_DSC0745.jpg
Mさんの大人の自転車旅3日目は早朝ラピュタでスタート

すでに2回目だから余裕で愉しまれ峠道に群生するユウスゲもしっかり見られたそうだ

宿に着いたら朝風呂のあと浴衣姿で朝食

すでにスタッフとも打解けて滞在型の旅館の過ごし方を満喫されていた

朝寝のあとのサイクリングは、二重の峠からミルクロードを下り大津の工業団地を抜けて菊池温泉へ

実はわたしが一番好きな阿蘇への道として紹介する菊池渓谷経由の阿蘇北外輪山・ミルクロードを走るのも今回の目的

「愉しんできますよ」と日焼けした笑顔で元気に出発された



大雨と台風接近の危うい天気予報だったが終日奇蹟的に晴れまだ明るい夕刻に宿に帰ってこられた

開口一番、「暑かった!」

菊池市内は日中36度の猛暑で水の駅で水をかぶり体を冷やして走ったと勝利者の顔だった

菊池渓谷の入り口の念仏橋を渡ると、ブログの前情報のとおり一気に温度が下がり木漏れ日の森の道を愉しまれた

森を抜けると風景は明るい草原になり北山展望所の絶景で達成感に浸られたようだ

阿蘇平野をサドルの上から見下ろし212号線を下って宿に帰ってこられた

起承転結の今日のライドの感想を聞いてわたしも一緒に走ったような気分になった

風呂から上がられてゆっくりお話をした

明日は5時過ぎには宿を発ち自走で熊本空港へ行かれる

こだわりのルートは国道ではなくミルクロード、大津に出たら国道を突っ切って旧道という凝りよう

最終ゴールの空港のロッカーには輪行袋と着替えが置いてあり周到な計画には感服するばかりだ

天草2泊阿蘇3泊の熊本自転車旅は完結した

明日は神戸の自転車仲間と行きつけのスナックで今回の報告会があるそうだ

盛大な打ち上げにふさわしいように、この日の19時着でカルキさんの店に宅配の馬刺しを注文してある

おそらく、みなさん熊本を走ったような気分になられるにちがいない

もしかしたらこの5日間、耳に馴染んだMさんの下手な熊本弁も出てくるかもしれないな。





2014807kario_DSC0755.jpg
午前8時30分、今朝のラピュタ

自転車乗りが一人いた

誰も来ない絶景ポイントを悠々と独占

まるで朝飯のように補給食を食べていた

話しかけようと思ったが一応通勤中にて遅くなるのでそのまま下った。




2014807kario_DSC0756.jpg
今朝は俵山の風車もしっかりと見える




2014807kario_DSC0759.jpg
峠道の脇まで覆っていた草もきれいに刈られ左端を走れるようになった




2014807kario_DSC0758.jpg
ユウスゲが陽が高くなり花を閉じかけていた

わたしは阿蘇の野の花でこれが一番好きだ

朝と夕方しか開花しないため日中は見れないという稀少さがいい

時間帯からして花に人が群れられないところもいい




最後にMさんに聞いた

57歳、まだまだ現職の働き盛り、土日の休みと有給3日を取り、はじめて挑戦した自転車5泊旅の感想

第一に阿蘇を満喫する日数は3日間必要ということ

第二に、晴天や雨や風の季節に応じた標高500mから1000mに対応できる高機能な衣類が必要であり

特に夏は疲労を避けるため炎天下の日中は走らない、もしくは日陰が多いコースを選ぶことも大事

準備周到で無理はしないこと

第三に、空港から強い雨のなか俵山の下りのコーナーで道に流れ出していた小石に前輪をとられ落車された

その際、ジャージのポケットに入れていたポンプにより脇腹を強打された

幸い骨折には至らなかったが重症の原因となるようなものはジャージのポケットに入れるべきではない

その日の夜は目が覚めるほど痛くこれだけ準備したのに初日で終わるかと思ったとMさんの言葉は重い

最後に自転車旅はひとりがいい

走るも走らないも、休むも寝るも、好きな行動をするためにも自由な身がいい

それに群れると普段の雰囲気のままで現地に溶け込めない

自分と語ることもできないのは実にもったいない

そんな話をしながら再会を約束した

人生折り返しの自転車旅、すなわち一人旅と思ったがいい。






FLUCTUAT NEC MERGITUR  --- 漂えど沈まず ---

スポンサーサイト
  1. 2014/08/07(木) 18:14:34|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<慣れたときの慣れない状況に要注意 | ホーム | 雨の日は笑って阿蘇>>

コメント

nancle-cycleさん

さぞや馬刺し付きの土産話で盛り上がったことでしょう。

今回はいろんな出来事がありましたが、

それを乗り越えられ物語として完結しましたね。

なにをするにせよ、壁は立ちはだかりますから、

それ乗り越えたときに達成感に浸れる、

もしかしたら帰りの空から見た景色が一番美しかったのかも知れませんね。

ではいつの日から再会を愉しみに練習に励みましょう!
  1. 2014/08/11(月) 15:47:35 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

晴れたらイイネ

晴れたラピュタも良いですね!さっそく馬刺で夜遅くまで報告会してしまいました(笑) お陰で今日は二日酔いですね。
ひとり旅の阿蘇を満喫できたのも、蘇山郷の皆さんのお陰でした。 阿蘇初日から落車で、左脇腹に痛みを感じながらのツーリングでしたが、それも阿蘇の素晴らしさで忘れさせてくれました。 昨日病院でレントゲン撮りましたが、なんとか骨折もないようでした。 良かったです。

追伸)
馬刺最高です。 うまかった! ありがとうございます(喜)
  1. 2014/08/09(土) 18:33:35 |
  2. URL |
  3. nancle-cycle #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1345-1c286200
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: