コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

Entries

まだ見ぬ色彩を求めて

2014802DSC0148.jpg
昨年秋の狩尾峠

昔のガードレールが懐かしい

盆を過ぎると早朝はグッと涼しくなりいよいよ雲海遭遇のチャンスとなる

すでに何度か阿蘇走った方は、9時から16時までという一般的に走る時間帯から

5時から12時の早朝型に変えてみたらどうだろう

常識にとらわれると同じ景色、同じ感動のくりかえしばかりではないだろうか

しかし、早朝だったら劇的な日の出や雲海を愉しまれるかも知れない

それは時間の厚みと、まだ見ぬ色彩であり、きっとあなたはその場に立ち尽くすに違いない

心揺らめくに違いない。




2014802iitd13rrd.jpg
市民100キロオーバー40

申し込み完了

今年も秋は沖縄だ。



2014802iitd13map.jpg
2013年のコース図

100キロのスタートは奥(共同売店前) 

210キロが通過した後に100キロのスタートとなり、例年は10時位だが昨年は9時35分と早く、そのためわたしは完走できた

いきなりの山はヤンバルクイナの生息地、その後5箇所の足切り関門を制限時間内に通過しなければならない

与那まで22キロ(22.0 k) 
足切りは11時20分

普久川ダム前まで33.7キロ(11.7 k) 
足切りは11時50分

宮城まで61キロ(27.3 k) 
足切りは12時30分

安部まで83.1キロ(22.1 k) 
足切りは13時15分

川上まで100.6キロ(17.5 k) 
足切りは13時40分

21世紀の森体育館にゴール107.7キロ(7.1 k)



結果は4時間14分、267位でゴール、455名中317名が完走(完走率69.6%)

その体験記を5回に分けてアップした

今、あらためて見てもそのときの辛さが甦ってくる

と、同時に最後の関門を通過したときの様子には、恥ずかしながらまたもや涙腺が緩んでしまった。



ツール・ド・おきなわ 前日編

ツール・ド・おきなわ レース編

「ツール・ド・おきなわ」 打ち上げ編

ツール・ド・おきなわ 南部サイクリング 最終編

我が人生の傑作、第25回「 ツール・ド・おきなわ」




FLUCTUAT NEC MERGITUR  --- 漂えど沈まず ---

スポンサーサイト

*Comment

満月さん 

満月さん、あれだけ多くのカテゴリーの中で「市民100キロオーバー40」だけが申し込み翌日の夕方には定員に達しました。例年のことですが一番の人気あるカテゴリーですので申し込みからがすでに戦いの始まりになります。

昨年は準備不足でした。足が攣り100%の力で挑むことができませんでした。持久戦の100kですから週に一度は同じ距離を本番のつもりで走りたいと思っています。
  • posted by コルナゴ部長 
  • URL 
  • 2014.08/04 09:59分 
  • [Edit]

NoTitle 

今年は50kmですが、来年のお約束、100kmに向けて、とても参考になる記事です。
カテゴリーは違いますが、大会までの練習、お互い頑張りましょう。(本番はその結果ですので)
部長の頑張りが心の支えです!(笑)
  • posted by 弱虫満月 
  • URL 
  • 2014.08/04 08:23分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1343-4bf4c4de

左サイドMenu

プロフィール

コルナゴ部長

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム