コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

Entries

走る、浸る、食らう。

2014721m10DSC01289.jpg
阿蘇へ久し振りの友人とサイクリングに行ってきた。

坊中線、吉田線、箱石峠も考えたが、この炎天下に日陰のない道は来週の阿蘇望でいやと言うほど堪能できるので

真夏のサイクリングに体を慣らす意味でもゆっくりと100キロくらいの阿蘇を愉しんできた。

コースはギネスに挑戦する世界一長いそうめん流しをセット中の竜門ダムを一周して水の道から387号へ

予想通り連休のため、マイカーや観光バス、それに異常な数のバイクだったが立門からは以外と少なくなったものの

いつもの「鳥の声を聞きながら」とはいかなかった。





2014721m10DSC01275.jpg
北山展望所がバイクと車で溢れてすごいことになっていた

ごちゃごちゃとしたところで景色を見るより、ここが乗り場の観光ヘリに乗って

鳥の気分で眼下を愉しんだが絶対得だと思ったが乗る人は少ない

観光ヘリには一度乗ったことがあるが5000円~10000円の価値は絶対ある

阿蘇山を単に空から見ることには興味がないが

いつも走るコースを上空から眺めることや、外輪山と阿蘇平野の高低差の景色は実に素晴らしかった

ここまで来てつくづくもったいないと思うのだが。




2014721m10DSC01277.jpg
これから先は悩んだあげく、ミルクロードから212号で内牧温泉に降りることにした

まさにわたしの通勤路だが車の景色とはまったく違ってとても新鮮、

今日はサイクリングなので美味しいランチでもと、一応「いまきん食堂」をチェックというか行列見物

中華料理の葵は休みだったので、さて

店の横で一息ついているといやがおうにも宿の前の河川工事が目にはいる

一昨年の黒川の氾濫により内牧温泉が水没、その対策ということで両岸の桜を切り川を箱型の水路のようにするとか

引き換えに風情は消えた。




2014721m10DSC01278.jpg
スーパーみやはら横、パチンコ屋の駐車場に沿いにある昔の喫茶店風の建物の「キッチン クニ」に行った

建物の見かけは地味ながら地元の人に人気で昼外食でもというときはここが決まりと言う

定食が3つとセットがいくつかあって、単品ではカレーの種類が多く、それはヒレカツ、エビフライなどトッピングの違い

宿の人のおすすめはハンバーグかヒレカツと聞いており客の注文もそれが多いようだった

ハンバーグカレーを注文した

美味しい!

特にハンバーグが旨くて、カレーもあっさり後口もさっぱり、それにご飯が美味しい、水も旨い

内牧温泉でランチだったら、待てない「いまきん食堂」の次はここかも







22014721m10DSC01282.jpg
暑い時間にラピュタを上った

上り坂の猛暑は今年はじめて、木陰がない長寿ヶ丘公園から先は風も無くさすがに相方もダンマリ

たまに車やバイクは通るが静けさはいつもの通りでやはりこの峠道はいつ来ても裏切られることはない。

道沿いには花を閉じたユウスゲの群生がいたるところにあり、夕方だったら18時頃から開花する景色は見事だろう

朝早くまでは咲いているから早朝の方もお薦めかも知れない。

そのために泊まって翌朝走ってみよう。





2014721m10DSC01299.jpg
ラピュタの頂上では凄いことになっていて上から下からどんどん人が




2014721m10DSC01295.jpg





2014m10DSC01297.jpg
普段なら野鳥やピーヒョロローとトンビの鳴声が響く静かなところ

もしくは標高960mらしく強風が吹き荒れている

しかし、今日は無風で大勢の人

ガヤガヤと落ち着き無く、ヤッホーとか叫ぶ人、ガードレールをまたがるのに往生する黄色い声

早々に引き上げた




2014721m10DSC01305.jpg
まだ時間に余裕があったので二重の峠まで下り右折し旭志方面に下り

途中から矢護山ゴルフ方面の菊池人吉林道のアップダウンを走って四季の里から麓へ降りた

アイスクリーム専門店のツインスターに立ち寄り最後の休憩




2014721m10DSC01300.jpg
旭志は西日本一酪農の盛んなところで新鮮な牛乳の生産地

よって上質のアイスクリームが作れる





2014721m10DSC01303.jpg
田舎の村にぽつんとある小さなアイス屋「ツインスター」は人気で県外ナンバーの車も多く見られる





2014721m10DSC01306.jpg
消耗が激しい方、もしくはガタイのいい方には

アイスのみお代わり、替え玉もあり




2014721m10SC01323.jpg
途中から雨に打たれたがほとんど平地ではシャワー

途中から小雨になったミルクロードでは寒いとさえ感じた

真夏だからといつも携帯するウィンドブレーカーは持ってきておらず、もっと降っていたらくじけていただろう

真夏でも阿蘇に行くにはウィンドブレーカーは必須だ



友人は我が家の温泉で汗を流し17時に帰宅、日頃の疲れもリセットできたよう

わたしも温泉で生まれ変わる

夕食は家内と「焼き鳥の是空」へ







2014721m10DSC01317.jpg
クーラーと扇風機と焼き鳥の煙に包まれて噛みしめる度の濃厚な旨汁

塩胡椒醤油のちょうど良い加減がジワーッと体に沁み、それを一旦洗い流すかのようにゴクンと冷えた生ビールの清涼感

その繰り返し、その連続に座布団から下は根が生えたようだった

「夏、走ったあとは焼き鳥以外に無い」とこの夜誓った



前歯で串の肉をムンズと引き抜き、ムシャムシャと喰らい付く

「タレが口の回りについてるよ」 と家内に笑われるも

コリコリシャキシャキ、ベロンベロン

煙かすむ酒池肉林は続く。





2014721m10DSC01291.jpg
真夏の阿蘇は走ったあとが愉しみ

まさかそのまま帰るなんて

もったいない。





FLUCTUAT NEC MERGITUR  --- 漂えど沈まず ---

スポンサーサイト

*Comment

へボーネンさん 

昨日は遅くまでありがとうございました。

いやずいぶんお早くなられたように思いますよ。

それでも「山で早さが出ない」のはそろそろ新型車購入の時期ではないでしょうか。

サルトさんのバイクを見ながら肝に銘じられた様子・・・・

見えましたよ!(笑)
  • posted by コルナゴ部長 
  • URL 
  • 2014.07/28 10:18分 
  • [Edit]

NoTitle 

この日のおかげで、阿蘇望いい感じでした。平地の速さがなぜ山で出ない?

教えて師匠、、、、
  • posted by ヘボーネン 
  • URL 
  • 2014.07/27 20:09分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1338-8a3957d1

左サイドMenu

プロフィール

コルナゴ部長

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム