コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

開花は遅くても美しい

2014712DSC01216.jpg
スカイライン展望所から、かぶと岩・ラピュタ方面の夕景

毎日通っているがミルクロードが最も美しいのはやはりこの時間帯だな

そして、刻一刻と変わる景色と、風と、匂いを最も愉しめるのはロードバイク

昼間は緊迫感が無く、早朝の空気が引き締まった時間帯もいいが

やはり徐々に暗くなり、やがてその日が終わる寸前の、山全体が緊張感に包まれたときがいい

美しさと恐怖が重なり、やや不安になった頃にあたたかい宿に辿り着くのがいい



2014712DSC01219.jpg
今年初めてユウスゲを見つけた

ミルクロード沿いに可憐に咲く花で、夕方4時くらいから開花し、翌朝しぼむ朝夕だけ見れる花

外輪山の草原の最も美しい時間帯に開花する花



2014712DSC01211.jpg
ミルクロードからの日没は



2014712DSC01212.jpg
ちょうどオートポリス方向に沈む




2014712DSC01226.jpg
明日はオーポリス3時間耐久レース

備えはときどき朝走るだけだったが、目標周回数を目指して全力で挑みたい




2014712DSC01231.jpg
朝連の竜門ダム

行きは上りで湖畔を通り、帰りの下りはトンネルを抜ける



2014712DSC01232.jpg
ダウンヒルのトンネルは刺激的




2014712_DSC0653.jpg
朝連のあとは車で宿へ

往復80キロ、100分の通勤では、FMを聞く、考える、CDを聞く、のいずれか

そのほとんどはCDを聞くため月4枚くらい新譜を買う

新譜といっても昔から聞いている人やグループだから今となってはほとんどが60歳以上のミュージシャンで出るのも稀

となると、このようなリマスター版や倉庫から出てきたお宝テープの音源を処理したものになる

需要は私たちの年代がおそらく100%で何度も聞き込んだ曲のライブであったりアレンジが違うものとなる

この2枚とも高校のとき、それこそレコードが磨り減るように聞いた名盤や曲ばかり

微妙な違いという私たちにとって大きな違いは、

当時の耳になって聞き惚れるとあの頃の記憶が自然に蘇える・・・・・



中学までは野球漬けで、頭の片隅には甲子園なんて夢もあったが、高校では好きなことをしたくて・・・・

そこでわたしの野球は消えた

スポーツが花開くときは大会に出場するときだった

視線を感じながらの応援や歓声には足が浮きヒーローになることが夢だった

当時は思春期だから、もちろん異性へのアピールでもあった

以後、47歳まで沈黙していたが、その年にロードバイクを始めスポーツの封印は解かれた

1ヵ月後、友人に誘われてオートポリスの3時間耐久レースに出て ------ 花開いた

それからわたしの高校野球が復活し大人の運動会が始まった



2014712okDSC01228.jpg
ロードバイクの大会では、人から見られる快感、応援、歓声、競争心、緊張感、そして達成感に浸れた

まさに忘れていた中学生の気分で体も徐々にそれらしくなり体重も7キロ減った

多くの自転車仲間は生涯の友を生んだ

サドルの上からの景色は素晴らしいもので乗るたびの感動があった

感動といえば初心者でも参加できるオートポリス3時間耐久ロードレースではいい風景も目にする

お父さんが倒れるようにゴールすると駆け寄ってくるお母さんと子供、

普段にはあり得ない疲労困憊の姿は母と子供にどう映るのだろう

止まらぬ喘ぎ、汗まみれで顔には塩が吹き、鼻汁も、涎も垂れ流した姿、

堂々と自分との戦いを終え、3時間走り抜いた父を抱える母と寄り添う子供

すばらしい家族愛の瞬間

そんなゴールの姿を見るとわたしは体に粟が立ち涙腺が潤む

いろんな感動があるサイクルスポーツ

わたしにとっても明日がその時 ----





FLUCTUAT NEC MERGITUR  --- 漂えど沈まず ---

スポンサーサイト
  1. 2014/07/12(土) 18:06:24|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<OP3次回は来年4月 | ホーム | 台風に備えて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1334-63577571
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: