コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

Entries

成長を止めてはいけない

6014612dmDSC00602.jpg
C60で初めての竜門ダムの朝連

昨年の壱岐があまりにも不甲斐ない成績だったので、その反省から朝の練習をするようになった

といっても、目に炎があるときは雨以外毎朝だったがそんなの続く訳がない

今では週1回、多くて2回程度

それでも気分転換になるし朝飯が旨くて三文の得の効果は大きい

1時間弱だが走ったあとの達成感は1/24hの次元ではない

一般的に達成感の原因は、脳内物質が分泌され、その指令によりいろんな臓器の細胞が刺激されるらしい

爽快になって頭も冴える覚醒は午前中までは続くからたいしたものだ

そしてその効果に対して失うものはない。

ただし、わたしのような根気のない者には練習を継続させるというその気にさせる刺激が必要となる

たまに買い換える、ボトルだったり、グローブだったり、シューズとかヘルメット・・・

それはいつも言ってるが、自分だけの達成感だけではなく

夫婦仲がうまくいったり、健康を維持したり、健康のための改善となったりという家族に対してもプラスの要因であり

二人の心と体の健康年齢を長くするためへの投資でもある

で、結論。

自転車関連への投資は、家計に対するマイナスではあるが、回りまわって結局チャラとなり、失うものはここでもない

だから自転車に通じたものへ投資しよう

健康を取り戻せば、健康を維持すれば、きっと仕事もうまくいき、家の経済も豊かになるはず。




20146012dmDSC00583.jpg
たかが自転車、されどである。



20146012dmDSC00595.jpg
C60のダウンヒルは---刺激的---




2014612dmDSC00601.jpg
ドーパミンに溺れそう・・・・





2014612dm_DSC0546.jpg
椎名誠さん大感動の一冊

極寒のシベリアからモンゴル、ゴビ砂漠、ヒマラヤ山脈を徒歩で越えたすべて実話の脱出記は凄い

雨の休日に一気に読んでしまおう

これも気分転換のひとつ、明日への鋭気の源。



15日は「ツール・ド・宮古島」が開催される

昨年、50歳代で福島さんが優勝し、バイシクルキッズの大城店長が3位入賞の大会だ

今年は南の島の大会であるツール・ド・沖縄に続いて絵に描いたが、宿の改装の日程と重なりそうだったので一端は断念

しかし、実際は工期が23日からとなり一安心したところ

今度は29日から台湾へ社員旅行となり、ゆとりの限度を越え諦めた

そこで明日からは毎年訪れる長崎の島へ脱出する。




20146012dmDSC00586.jpg
早朝練習ができない理由はない

遠征してサイクルイベントにエントリーできない理由はつくらない

成長を止めてはいけないということ

眠れる獅子たちよ・・・・

物語はすぐそこにある。



FLUCTUAT NEC MERGITUR  --- 漂えど沈まず ---

スポンサーサイト

*Comment

ヒンカピー 

久し振りだね、ヒンカピー!

C60,乗れば判るよ、美しくて、早くて、それを伝えたいんだがね、

でもコルナゴの冠の価値を・・・苦労してるよね。

さて、阿蘇望か?

あんまり経験のない人と走るという解釈なら、水をちゃんと飲むことと補給食かな、
間違っても峠超えに昼飯食おうなんてやめたがいい、何しに来ているのかってこと。

それと暑さ対策、専門誌に乗っているような対策が必須だね、塩気対策が炎天下のこの大会とても大事だと思う。

あとは自分で考えて完走するという意志があること、それが一番かな。
  • posted by コルナゴ部長 
  • URL 
  • 2014.06/13 22:37分 
  • [Edit]

NoTitle 

ご無沙汰しております!C60…美しいです。ここまでくると、もはや自転車という道具・乗り物のカテゴリーでは収まらない何かを感じてしまいますね。
明日、阿蘇望の前半70kmを試走(付き合わされる)するのですが、何かアドバイスがありましたら是非!
  • posted by ひんかぴ 
  • URL 
  • 2014.06/13 21:07分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1324-d7163771

左サイドMenu

プロフィール

コルナゴ部長

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム