コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

シンガポール2日目

2014418R0014762.jpg
午後から晴れるといってた天気予報が見事外れ終日雲の中を走った。

箱石峠を過ぎると小雨となるがシンガポーリアンは弱音は吐かない、

すべての自然を受け入れるという自転車で走る正しい気持ちを前提に、

そのために必要な衣類や小物においても世界中を走り込み「これだ!」という最上かつ最強なものを身につけている、

チームジャージ以外衣類はすべてRapha、いろいろ試した末に機能と見た目でこれに、

バイクケースは海外で何度も使っているうちに強度とサイズからPolaris、

移動を考えると全員同じでなければならない。



ランチは高森の「らくだ山」、

これがシンガポーリアンには大好評、雰囲気もさることながら地鶏は初めての経験だったらしい。

午後からは小雨と霧の吉田線を上り頂上に近ずくと寒さに震えた、

しかし、何人かは火口まで行ったから偉い、視界10mで何も見えなかったはずだが。

火口に行く者は右、そのまま下る者は左に別れ坊中線で帰ってきた、

宿に着いてまずは雨天走行で砂や泥で汚れたバイクをみなホースで洗車しタオルで拭き上げる、それから温泉、

すべてが慣れたもので普通の行動、

今日こそサポートカーの便利さが身に沁みたことはなかった、

メンテ用品や道具、予備のシマノとカンパのホイールなどの保険以外にも、

ランチの前に濡れた体を拭く一枚の乾いたタオルの有難さ、

脱いだり着たりの雨具の収納や予備の衣類、中味が違うボトルまで持ち込むことが出来る。

また最後の上りの吉田線では途中からリタイヤ1名も救助、

ドライバーのクランプのナオ君は自転車整備士だから安心の上、

先頭と最後尾を行ったり来たりし、要所での写真撮影と道案内は貴重だ、

それなりの費用は掛かるが遠来からのサイクリングの快適な目的達成には必要なサービスではないだろうか、

これは阿蘇ネイチャーランドの新しい事業となるようだ。

みんなから「ナカオさん」と親しく呼ばれるようになった2日目終了。




FLUCTUAT NEC MERGITUR  --- 漂えど沈まず ---

スポンサーサイト
  1. 2014/04/18(金) 18:43:57|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<シンガポール最終日 | ホーム | シンガポールから>>

コメント

サルトさん

たしかに、たしかに、一緒で走ってそうでした。
右、左、遠い、遠くない、上り坂、下り坂、待つ、

今年2月に3年目を迎え宿はサプライズの玉手箱となりつつあります。杉板の上に3年でした。

自転車はというとまだまだ、ファー
  1. 2014/04/19(土) 17:41:41 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

ナカォ-san

ナカォ-san, 英語苦手デモ無問題デス!一緒ニハシレバ、自転車乗トモダチデス!
蘇山郷のマラソン合宿のノウハウも乗せたサポートカー、これができればコルナゴ杯をかけたジェントルマンズレースの開催も近ずいたのでは・・
楽しみにしております。
  1. 2014/04/18(金) 21:59:39 |
  2. URL |
  3. サルト #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1300-0bb65cdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: