コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

50年振りの野焼き

20140409newsIMG.jpg
4月9日地元紙社会面にて宿の紹介記事、

外国人に評価される理由は4/7エントリーに書いた通り、


もっとカッコ良くセブン銀行の安斎社長のコラムに喩えると、
『セブンイレブンは商売の競争に勝つためだけに「近くて便利」という方向性を打ち出しているわけではありません。もっと大きな、単身世帯や核家族の増加といった世の中の変化の中で消費者の生活を支える企業として、何をすべきかと考えています。それが商人が果たすべき本質的な役割です。何事においても、部分だけでなく全体をマクロ的に見るよう常に心掛けています』






20140409neR0014667.jpg
菊池方面の県道45号とミルクロード・マゼノミステリーロードが交差する北山展望所、

その付近一帯である阿蘇市西湯浦牧野の原野の火入れを見に行った。






ne20140409neR0014678.jpg
まずは北山展望所の人だかりに圧倒、







20140409neR0014687.jpg





20140409neR0014689.jpg
そのほとんどはシニアのアマチュアカメラマン、

高級一眼レフに望遠レンズ、

三脚立てたお決まりのスタイル







20140409neR0014697.jpg
雑木林となっているここでの火入れは何と50年振り、

その珍しさに空撮のヘリコプターやテレビ中継車による取材も、

数年後の草原化を目指し今後も続けられるという。





20140409neR0014702.jpg
絨毯のような野焼きのあとに咲くキスミレ






20140409neR0014703.jpg
狩尾峠、ラピュタへ






20140409neR0014705.jpg
いきなりの想像超えの舗装は最低限の範囲で終わっていた






20140409neR0014707.jpg
安全地帯のように区切られたここは自転車やバイクの停めるスペースか






20140409neR0014712.jpg
錆びたガードレールは撤去されグリーンに塗られた新しいガードレールが設置、

ただし、その先には行けないようにガードレール間の隙間は無くなっていた、






20140409neR0014713.jpg
装いも新たなラピュタ、

地元農耕車両にとってはとりあえず吉か、






20140409neIMG_0001.jpg
JTBのパンフの表紙にも、

注意書きとして、

「※道幅が大変狭いため車での通行には十分ご注意ください」と記載されているが、

「※農耕車両が往来する大変危険な崖沿いの道のため峠から眺めるだけにしてください」が正しいのでは。






20140409neR0014716.jpg
湯浦の野焼きを見たあとは埼玉のi君とサイクリングを愉しんだ、





20140409neR0014718.jpg
「いまきん食堂」は1時間待ちで諦め宿の近くの「葵」さんへ

失礼ながらの第二候補だが県外からの方には熊本名物「タイピーエン」が美味しい昔ながらの中華料理屋、

暑さによる塩分補給は汁まで完食で調整、

飯物だったら中華丼か天津丼がおすすめだ。





200140409lpR0014700.jpg
吉田線で阿蘇火口を見て坊中線で帰ってくる予定のi君を箱石峠の上り口まで案内し、

水害の被災地の坂梨地区からやまなみ道路を上り超アゲインストのミルクロードで苦しんで帰った、

彼の宿は乙姫の民宿だったのでリュックは坊中線の上り口にあるカルキさん宅に預けた、

身軽にヒルクライムを愉しまれたのではなかろうか。

埼玉からの九州旅、

偶然の野焼き遭遇は完璧なリフレッシュ休暇になったのでは、

わたしも久し振りに阿蘇の案内をしていい休日となった、

次回また会いましょう。





FLUCTUAT NEC MERGITUR  --- 漂えど沈まず ---

スポンサーサイト
  1. 2014/04/09(水) 18:16:44|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<『カンチェッラーラ』が通じた | ホーム | 自分にしか、その地域しかできないこと>>

コメント

CARRERAさん

光栄なご意見に感謝します。
わたしの役目は宿に埋もれる宝の山を掘り当てることで日々たいしたことはしておりません。
仮説を立てて不確実なことをすることが好きなだけですが今の異常な外国人客の利用は想定外の言葉以外ありません。
次は自転車に挑戦してみます。
  1. 2014/04/10(木) 10:12:50 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

Tさま

黒焦げのラピュタを知ったら新緑のときはより感動があるかと思いますね。ここのいいところは苦しみながら上っても独特の景観のため「また上りたい」と思わせるところでしょうか。それと車が少ないからじっくりと物思いにふけながら上れるというのもいいものです。
  1. 2014/04/10(木) 09:33:01 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして

今日初めてラピュタを登りました。緑が映える時季にまた
登りたいです。
  1. 2014/04/09(水) 19:41:13 |
  2. URL |
  3. T #-
  4. [ 編集 ]

熊日見ました。

ブログで紹介されていた写真を新聞紙面で見かけて、活字より先に「おっ!」という感情が湧いた初体験をさせて頂きました。素晴らしい取り組みの結果が評価され、本当におめでとうございます。同じ県民として大変誇らしく思います。
  1. 2014/04/09(水) 19:24:15 |
  2. URL |
  3. CARRERA #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1295-f77e24a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: