コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

音楽談義の愉しみ

1225ht_DSC0636.jpg
「安全に阿蘇へ来るには国道57号で、雪が降っても心配ないから安心して」

そんな道案内をして学生の時の同級生が今夜阿蘇へ集まる。

例年、菊池で飲んで旅館に泊まるパターンだったが今回は初の阿蘇。

その恒例の忘年会も数えれば今年で30回目となる。

独身時代から始まり、結婚したらそれぞれ奥さんも一緒に参加し、子供ができたら家族で集まっていた。

そのうちに子供が大きくなると奥さんも姿もなくなりここ数年はもとの姿に戻った。

私たちの共通な話題は音楽、学生の頃だから1970~80年代の曲のウンチクを夜遅くまで延々と語り合う。

大まかな好みは一緒だが追い求めたミュージシャンやグループはそれぞれ違う、

「お前がそれなら俺はこいつ」と独自路線で追求していたように思う。

でも大物や話題性のあるグループのコンサートにはみんなで足を運んでいた。

当時の公演はだいたい東京、大阪、福岡まであっていて学校が福岡だったのでその点は便利だった。

さて、来年のローリング・ストーンズの公演はというと当然ながらの東京ドームの3日間だけ、

何せストーンズだしセットも巨大だから、「見たいなら来いよ」に悩むことはない。

それに飛行機が安くなったことも大きい。

公演は3日間で15万人動員し、

ステージから伸びる40メートルの花道を囲むGC席は各回500席用意されお値段は8万円、

オークションでこの席のペア券が40万円で売られているが、来日がなかったら海外までと考えるとお安いのでは。

GS席と18000円のS席の先行抽選が今月2回あり結構な競争率を乗り越えて私はふたつともペアで当選した。

それは良かったのだが、支払いしないと当選が無効になるので手数料含めた80000円弱の暮れの立替は何とも痛い。

年に一度の音楽談義にはそんな続々と来日する大物ミュージシャンのどれに行くかということも盛り上がることだろう。































1229TV_DSC0574.jpg
今年の7月に地元テレビ局の取材でカルキさんとラピュタを走り

チラッと紹介された狩尾峠を題材にした番組が何とかいう賞に選ばれたそうだ。

再放送があるからとわざわざテレビ局の人に教えてもらったが見逃した。

そのカルキさんが肉を納めている内牧温泉の「いまきん食堂」がSmaSTATIONに紹介され、

もともと行列ができていたのが輪を掛けて長蛇になってしまった。

おかげで遠くから来た友人たちと翌日行こうと思っていたが諦めた。

でも今回の開催場所が場所だけに無問題とも言える。

明日が愉しみだ。













Festina Lente - 悠々として急げ -


スポンサーサイト
  1. 2013/12/28(土) 16:49:38|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<軸足は阿蘇 | ホーム | 年末の宿>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1256-1e05aa0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: