コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

1128rei_DSC0501.jpg
通勤の景色





































1128rei_DSC0502.jpg
片道40キロのドライブは、

雄大な空間と妄想の接点でのスパーク。


阿蘇に来てもうすぐ2年。

卒論の作成に取り組む時期にこの地を選んだが

まだ出だしの一行で終わっている。





























1129_DSC0505.jpg
今朝は阿蘇山も外輪山も雪化粧、

これからの通勤はミクルロードを諦めて国道の退屈な道となる。

2度目の冬を迎え、愛車のツインスパークエンジンは快調だが、消耗品の交換でもうすぐドッグ入り、

あと5万キロ走れるよう準備する。





























1129_DSC0507.jpg
てっぺんの小さく飛び出ているのは「かぶと岩展望所」。

ここは眼下に広がる阿蘇平野の見事な景色が愉しめ、

トイレや自販機、それにホットドッグと温かい珈琲で一息できる店もあるミルクロードのエイドポイントでもある。

しかし、今朝は氷に閉ざされ、いよいよ厳しい冬を迎えた。

寒さが遠のいた時、厳冬期用のグローブも注文したことだし、

真冬の一瞬のチャンスを見計らって挑戦したいものだ。
































1129IMG.jpg
全国にある「いこいの村」シリーズの阿蘇版で「阿蘇いこいの村」の指定管理者の公募が7月にあり宿がエントリーした。

阿蘇山の麓にある1万人規模のイベントも可能な広大な敷地面積を擁する施設で、阿蘇市が購入後が財団法人として運営していたが運営がうまくいかず財団法人を解散し阿蘇市の観光関連の企業に業務委託させたいということだった。



























1129IMG_0001.jpg
この施設は阿蘇に新たな価値を発信するための基地として、ラン旅・チャリ旅・バイク旅、またそれに関するイベント会場など蘇山郷の箱ではできない様々な可能性と阿蘇の将来を見据えた「阿蘇の玄関口」になるのではと社長と考えプレゼンに挑んだ。多くの友人の知恵と協力を得て手ごたえあるものができあがった。公募には三社が応募したが結果は駄目だった。

しかし、この提案は新しいマーケットの需要を創造し「阿蘇に行くと元気に、そして健康になれる」という地域としてのブランドを確立することであり、一事業所の再生という枠を超え、今後の阿蘇観光の重要な鍵となる可能性を秘めていると信じている。私はバトンを渡す役目だが、そこまでが面白そうで次のチャンスは絶対取りたいとフラット4をいつでも始動できるよう準備を整えている。













Festina Lente - 悠々として急げ -


スポンサーサイト
  1. 2013/11/29(金) 19:03:55|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<記念日サイクリング | ホーム | ななつ星サイクリング>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2013/12/01(日) 09:53:33 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

NoTitle

部長、いよいよですね。
素晴らしいコンセプトの実現を期待しているだけに、頑張って落札されることを、ご祈念申し上げます。
  1. 2013/11/30(土) 21:03:46 |
  2. URL |
  3. ヘボーネン #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1244-f02ee00f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: