コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

かくも重き使命

1118kaki_DSC0450.jpg
阿蘇内牧温泉は短い秋が終わり冬の季節となった。

宿の命である温泉はこの季節適温に保つのがたいへん難しい。

どのすべての浴場はどんなにお客が少なくても毎日お湯を完全に抜き清掃している。

源泉49度の温泉はお湯の量と浴場の換気によって終日適温にしなくてはならない。

それにはこまめな調整が必要であり、

42度から42.8度の範囲に古希の二代目に代わって私が湯守りをしている。






























1118kaki_DSC0485.jpg
十八銀行女子陸上部さんの合宿が終わった。

あと年内に来られるのは九電工女子陸上部さんだけとなった。



































1118kaki_DSC0448.jpg
合宿中の選手にとって体と心のリカバリーに上質の温泉はかかせない。
もちろん集中できる練習コースもだが、自然治癒力のある温泉を求めて宿にお越しになるといっても過言ではないだろう。

具体的な温泉の効能はその成分にもよるが、日常生活を離れて自然の中に身を置くことにより「転地効果」という心も体も開放され環境の変化が刺激になって調子がよくなり健康づくりに活用できることにある。

また、温泉による作用が三つあり、第一に体が軽くなる「浮力の作用」。
これは全身入浴した場合、浮力により体重は10分の1になる。のんびり体を伸ばすだけで足腰が日頃の負担開放され、水中で手足を素早く動かすなどの軽い運動をすれば筋力アップやリハビリにも効果的だ。

第二に天然のマッサージ「静水圧の作用」。
湯の中では静水圧により体が数センチ縮まっている。このマッサージ効果が血行を促進し足のむくみを除いたり、肝臓や脾臓の機能を高める効果もある。

第三に体がぽかぽかに温まる「温熱作用」
湯の温かさが血行をよくして新陳代謝を促進し老廃物を排出、筋肉や関節の痛みもやわらぎ、発汗も円滑になる。また、温泉からあがるときには、体をきれいに拭かずに自然乾燥し、体に温泉の皮膜をつくるとサランラップ効果でより効能が持続することになる。

トップアスリートが選ぶ理由、お判りだろうか。






























1118kaki_DSC0466.jpg
2泊で阿蘇を走りに来られた岡山のOさま

自転車はダンボール宅配のシクロエクスプレスで前日宿に、ご本人は当日早朝お越しになり、

早朝ラピュタ・南小国・茶のこ・満願寺温泉・草原の道コースを走り終えチェックイン

翌日は箱石峠から南阿蘇へ、白川水源・吉田線・阿蘇火口・坊中線のパノラマコース、

沖縄で不在だったためルートマップを事前にメールし迷うことなく走れたそうだ。

2日目パノラマコースを走り宿に帰られたところでお会いしたが、満面の笑顔で達成感に浸っておられ

阿蘇を手中にされたようだ。

この自転車には興味があったので試乗させてもらった。

コルナゴC59 2013年 ADホワイトモデルの限定品

レコードEPS ボーラONE ネオモルフェ・・・

当然ながらこれ以上はないスペックは想像以上の走り

Oさま曰く、「上りも素晴らしい」・・・

50歳を過ぎ、趣味と健康の両輪を満足する一寸先の光は魂をも健康にするのでは

とけない魔法はお安い投資かも。

大人の自転車乗りが選ぶ理由、お判りだろうか。





























1118kaki_DSC0488.jpg
宿のバーの新刊本

村上春樹編訳のラブ・ストーリーが9篇と本人の書き下ろしが1篇収められた短編集。

なかでも先日ノーベル文学賞受賞が決まったカナダの短編の巨匠、アリス・マンローの「ジャック・ランダ・ホテル」もある。

お気に召したらお帰りになってご自分の土産にどうぞ。





























1118kaki_DSC0418.jpg
由布院温泉は亀の井別荘の土産物処「鍵屋」御用達

亀の井に泊まるにはまだまだ、だが茶房「天井桟敷」では気軽に飲める感動の珈琲

それを凝縮した亀の井オリジナルブレンドコーヒーのドロップス。

めったに買わない自分への土産だったが、やっぱり甘いもの苦手の私には無理で人にあげた。





























1118kaki_DSC0405.jpg
阿蘇を訪れた際の土産は・・・

大人だったら菓子の類ではなく

最も阿蘇らしいもの、




























1118kaki_DSC0400.jpg
あか牛、

もしくは

馬刺しだろう。



























1118kaki_DSC0396.jpg
平日でも1時間以上の行列の今や内牧温泉の風物詩ともなったあか牛丼の「いまきん食堂」

そこに納めている肉屋さんだから安心のミートブランド。

店の名は「肉の軽木」

そう、自転車仲間のカルキさんのお店だ。

お持ち帰りや宅配の土産はいかがだろう。

気軽に笑顔で迎えてくれるはず。





























1118kaki_DSC0402.jpg
あか牛馬刺しは現地マイスターにお任せあれ

この人、





























1118mrkaruki.jpg
かくも重き軽木氏の使命

口福をみなさまに!








創業70年 肉の軽木
住所:熊本県阿蘇市黒川1095
TEL :0967-34-0130
http://www.asonavi.jp/spots/detail/1265










Festina Lente - 悠々として急げ -


スポンサーサイト
  1. 2013/11/18(月) 18:40:14|
  2. こだわりの逸品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<いつまでもあると思うな | ホーム | ツール・ド・おきなわ 南部サイクリング 最終編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1241-a0926dd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: